芸能人・経営者のおくやみ情報

武満徹 氏

作曲家[日本]

1996年 2月20日 死去間質性肺炎享年65歳

武満徹 - ウィキペディアより引用

武満 徹(たけみつ とおる、1930年10月8日 - 1996年2月20日)は日本の作曲家。
デビューまで 1930年10月8日に東京本郷区駒込曙町(現 文京区本駒込一丁目)で生まれる。
父は鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)隈之城町出身で帝国海上保険勤務、祖父の武満義雄は政友会の鹿児島県幹事長を務め、原敬内閣のとき衆議院議員を連続7期17年間務めた。
生後1ヶ月で、父の勤務先である満洲の大連に渡る。
1937年、小学校入学のために単身帰国し、東京市本郷区の富士前尋常小学校に入学、7年間にわたって叔父の家に寄留する。
叔母は生田流箏曲の師匠であり、初期の習作的な作品『二つの小品』(1949年、未完)には箏の奏法の影響が見られる。
この頃に従兄弟からレコードで聴かされたベートーヴェンやメンデルスゾーンなどのクラシック音楽には興味を示さなかったが、その一方で1948年に行われた「新作曲派協会」第2回作品発表会に足を運び、後に作曲を師事する清瀬保二の『ヴァイオリンソナタ第1番』のような、当時としては新しい音楽に感動していたとされる。

たけみつとおる [生]1930.10.8.東京[没]1996.2.20.東京作曲家。16歳で作曲を志し,清瀬保二に師事。1950年清瀬らの「新作曲派協会」に入会,ピアノ曲『2つのレント』でデビュー。51年詩人瀧口修造を中心に前衛芸術家グループ「実験工房」を結成する。57年,のちにストラビンスキーに感銘を与えたという『弦楽のためのレクイエム』を発表,59年「二十世紀音楽研究所」に参加。65年『テクスチュアズ』(1964)で国際現代作曲家会議最優秀賞を受賞,以後,『地平線のドーリア』(66)や尺八・琵琶を用いた『ノヴェンバー・ステップス』(67)を次々と発表し,その精緻な構成と,東西の音の感性を融合させた独自の作風が海外でも高く評価され,委嘱作も多い。代表作はほかに,尾高賞受賞作『カトレーン』(75),『遠い呼び声の彼方へ』(80),また映画音楽『切腹』(1962),『砂の女』(64)など多数。著作に『武満徹=1930……∞』(64),『音,沈黙と測りあえるほどに』(71)などがある。80年日本芸術院賞,85年フランス芸術文化勲章を受けた。 (引用元 コトバンク)