芸能人・経営者のおくやみ情報

豊臣鶴松(とよとみつるまつ)

豊臣秀吉嫡男[日本]

(幼名・棄(すて)、天正19年8月5日没)

1591年 9月22日 死去享年3歳

豊臣鶴松 - ウィキペディアより引用

豊臣 鶴松(とよとみ つるまつ)は、安土桃山時代の人物で、豊臣秀吉の嫡男。
鶴松の名で知られているが、幼名は棄(すて)で、通称を八幡太郎。
生涯 天正17年(1589年)5月27日、豊臣秀吉の嫡男として山城淀城(現在の京都府京都市伏見区納所北城堀)で誕生した。
このとき秀吉は当時としては高齢の53歳で、待望の我が子の出生を大変に喜び、長寿を祈って「棄(捨)」と名付けた。
これは「捨て子は育つ」という迷信を信じたものであると考えられている。
後に「鶴松」と改名したと言うが、時期や経緯は厳密には不明で、鶴松の名で記した古文書は実名敬避の習慣もあって極めて少なく、当時は棄君や単に若君などと呼ばれていた。
鶴松の傅役には、老臣の石川光重(豊前守)が任じられた。
生後30日の祝には、禁中より産衣など祝儀の品々を賜り、公家や家臣、町人に至るまで、様々な祝賀・進物を受けた。
蒲生氏郷は祖先の俵藤太(藤原秀郷)が大百足退治に使ったと言い伝えられていた矢の根(=鏃)を刀に仕立て直して贈ったと言う。

の言及 【豊臣秀頼】より …安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の側室淀君が生んだ次子。幼名拾(ひろい)。長子の鶴松は1591年(天正19)8月に3歳で死んでおり,名実ともに秀吉の世嗣。秀吉が死ぬ98年(慶長3)には従二位権中納言に昇進していた。このとき徳川家康らの年寄衆,石田三成らの五奉行はじめ主要武将は秀頼への忠誠を誓約している。関ヶ原の戦後も大坂城に居城し,公儀権力に支えられた存在であったが,実体は摂津,河内,和泉の60万石を領有する一大名にすぎなかった。… ※「豊臣鶴松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 (引用元 コトバンク)