芸能人・経営者のおくやみ情報

宇垣一成 氏

陸軍大将、政治家[日本]

1956年 4月30日 死去享年89歳

宇垣 一成(うがき かずしげ、慶応4年6月21日(1868年8月9日) - 昭和31年(1956年)4月30日)は、日本の陸軍軍人、政治家。
大正末期から昭和初期にかけて長州出身者に代わって陸軍の実権を握り、宇垣閥と称される勢力を築いた。
陸軍大臣として宇垣軍縮を断行したほか、クーデター未遂計画である3月事件に関与した。
予備役入り後に組閣の大命が下ったが陸軍の反対で頓挫し、以後も幾度か首相に擬せられたがいずれも実現しなかった。
短期間外相を務めた後公職から引退し、戦後になり参議院議員となったが在職中に死去した。
略年譜 生い立ち 慶応4年(1868年)備前国磐梨郡潟瀬村大内(現・岡山県岡山市東区瀬戸町大内)の農家に5人兄弟の末子として生まれた。
幼名は杢次(もくじ)。
後に海軍中将となる宇垣纏と同郷だが縁戚ではない。
学校事務員として働いた後に上京し、成城学校を経て陸軍に入った。
軍曹に昇進した宇垣は陸軍士官学校に入学した。
明治23年(1890年)7月26日に陸軍士官学校(1期)を150人中11位で卒業、明治24年(1891年)3月24日に陸軍歩兵少尉に任官した。

うがきかずしげ [生]慶応4(1868).6.21.岡山[没]1956.4.30.東京軍人,政治家。陸軍士官学校,陸軍大学校卒業後,ドイツに留学。帰国後,陸大教官,軍事課長,参謀本部第1部長,陸大校長,第10師団長,教育総監部本部長,陸軍次官を歴任,1924年清浦奎吾内閣の陸相となった。陸相在任中,4個師団の兵員を削減する一方,戦車隊の新設,飛行隊の増設をはかるなど(いわゆる宇垣軍縮)陸軍の近代化に努め,その政治的手腕は軍内外の評判となった。29年浜口雄幸内閣の陸相に再度就任し,その後朝鮮総督を経て,37年1月,組閣の「大命」を受けたが,陸軍の反逆にあい組閣に失敗。その後38年,第1次近衛文麿内閣の外相兼拓務相となり,戦後は参議院議員をつとめた。日記が『宇垣一成日記』として公刊されている。 (引用元 コトバンク)