芸能人・経営者のおくやみ情報

中上健次 氏

芥川賞作家[日本]

1992年 8月12日 死去腎臓がん享年47歳

中上 健次(なかがみ けんじ、本名同じ、結婚前までは「なかうえ」、1946年8月2日 - 1992年8月12日)は、和歌山県新宮市生まれの小説家。
和歌山県立新宮高等学校卒業。
妻は作家の紀和鏡、長女は作家の中上紀、次女は陶芸家で作家の中上菜穂。
被差別部落の出身であり、部落のことを「路地」と表現する。
羽田空港などで肉体労働に従事したのち、執筆に専念する。
初期は大江健三郎や石原慎太郎といった当時の新進作家から文体的な影響を受けた。
後に知り合った年長の友人である柄谷行人から薦められたウィリアム・フォークナーの影響で先鋭的かつ土俗的な方法論を確立、紀州熊野を舞台にした数々の小説を描き、ひとつの血族と「路地」のなかの共同体を中心にした「紀州サーガ」とよばれる独特の土着的な作品世界を作り上げた。
1976年(昭和51年)、『岬』で第74回芥川賞を受賞、戦後生まれで初の芥川賞作家となった。
1992年、腎臓癌の悪化により46歳の若さで死去した。
和歌山県新宮市春日で、父・鈴木留造と母・木下千里との間に生まれる。

なかがみけんじ [生]1946.8.2.和歌山[没]1992.8.12.和歌山小説家。和歌山県新宮高校卒業後,上京。働きながら同人誌『文芸首都』に参加。『岬』(1975)で戦後生れ初の芥川賞受賞。続く『枯木灘』(77)は郷里熊野の風土と,錯綜する血縁関係をもつ人々の愛憎を神話的スケールで描き,毎日出版文化賞,芸術選奨文部大臣新人賞を受賞する。その後も『鳳仙花』(80),『地の果て至上の時』(83)など,風土や伝統に根ざす独自の作品世界を築いた。文壇の枠をこえた行動力を示し,郷里に公開講座「熊野大学」を開くなど,活躍が期待されたが,肝臓癌のため46歳で他界。ほかに『十九歳の地図』(74),『千年の愉楽』(82),『日輪の翼』(84),『奇蹟』(89)など。朝日新聞連載の『軽蔑』が遺作となった。『中上健次全短編小説』(84)がある。 (引用元 コトバンク)