芸能人・経営者のおくやみ情報

日野啓三 氏

作家[日本]

2002年 10月14日 死去大腸がん享年74歳

日野 啓三(ひの けいぞう、1929年6月14日 - 2002年10月14日)は、日本の小説家。
ベトナム戦争を題材にした作品や、現代都市における幻想を描く都市小説といわれる作品などで知られる。
東京生まれ。
5歳の時に父親の仕事のため朝鮮に移り、小中学校時代を慶尚南道密陽で暮らした。
1942年にソウルに移って、龍山中学に通う。
敗戦後は父親の故郷広島県福山市に引き揚げ、広島県立府中中学校(現広島県立府中高等学校)を経て、1946年に旧制一高入学、この頃野間宏、椎名麟三などの戦後文学に関心を持ち、大岡信、丸山一郎(佐野洋)らと同人誌『二十代』、次いで同じメンバーで『現代文学』を作り、文芸評論を執筆した。
1952年、東京大学文学部社会学科卒業し、読売新聞外報部に勤務。
この年に『文学界』の新人批評家特集で「荒正人論-虚点という地点について」寄稿、同誌の会合で安岡章太郎、吉行淳之介、奥野健男ら同世代の作家や批評家と交流する。

ひのけいぞう [生]1929.6.14.東京,渋谷[没]2002.10.14.東京,世田谷作家。銀行勤めの父に伴われ5歳で朝鮮に渡り,1945年敗戦により日本へ引き揚げる。旧制第一高等学校文科甲類に入学,一学年下の大岡信,佐野洋らと同人誌を初めてつくり,東京大学文学部社会学科在学中も彼らと雑誌『現代文学』(5号まで)を刊行,新進評論家として注目された。読売新聞社外報部に入り,1960年大韓民国(韓国),1964年ベトナム共和国(南ベトナム)に特派され取材にあたった(→ベトナム戦争)。南ベトナムより帰国後小説を書き始めた。1975年『あの夕陽』で芥川賞。1986年『夢の島』(芸術選奨文部大臣賞),同年『砂丘が動くように』(谷崎潤一郎賞),1992年『断崖の年』(伊藤整文学賞),1993年『台風の眼』(野間文芸賞),1996年『光』(読売文学賞)など主要な文学賞の多くを受賞。都市に生きる現代人の深層意識と現代風景に肉薄する科学的詩情を高く評価された。12年間癌と闘いながら,最後まで読売の名物記者として終始した。2000年日本芸術院会員。 (引用元 コトバンク)