芸能人・経営者のおくやみ情報

中山義秀 氏

作家[日本]

1969年 8月19日 死去がん享年70歳

中山義秀 - ウィキペディアより引用

中山 義秀(なかやま ぎしゅう、1900年10月5日 - 1969年8月19日)は、日本の小説家。
本名、議秀(よしひで)。
来歴・人物 福島県西白河郡大屋村(現白河市)生れ。
旧制安積中学(現福島県立安積高等学校)、早稲田大学文学部英文科卒業。
早稲田大学在学中に、横光利一、富ノ澤麟太郎、小島勗らと同人誌『塔』を創刊。
小説『穴』を発表。
また、帆足図南次と『農民リーフレット』を発刊。
卒業後、中学英語教師のかたわら著作業を始め、妻の死など苦難の後、著作集『電光』を刊行。
1938年、岩瀬郡長沼町(現須賀川市)を舞台にした『厚物咲』で第7回芥川賞。
翌年『碑』を発表し、文壇での評価を高める。
平家物語を現代語訳しており(日本古典文庫13・河出書房新社)、その訳文(書き出しと那須与一の件)は中学校用国語教科書(光村図書中学2年)で長年使用され続けている。
戦後は時代小説を書き、『新剣豪伝』『信夫の鷹』など。
1964年、明智光秀を描いた『咲庵』で野間文芸賞受賞。
がんに倒れ、『芭蕉庵桃青』が絶筆となった。
死の前日に、キリスト教洗礼を受けた。
1993年には中山義秀記念文学館がつくられ、優れた歴史小説を対象にした、中山義秀文学賞が創設された。

なかやまぎしゅう [生]1900.10.5.福島,大屋[没]1969.8.19.東京小説家。1923年早稲田大学英文科卒業。在学中横光利一らと『塔』を創刊,身辺の不幸が続く長い無名時代を経て,『電光』(1936)が小林秀雄に認められ,『厚物咲』(38)で芥川賞受賞。幕末天狗党に加わった祖父をモデルとする『碑(いしぶみ)』(39)発表後,小林らの『文学界』同人に参加(40)。第2次世界大戦後は戦争に取材した『テニヤンの末日』(48)をはじめ,『信夫の鷹』(48),『咲庵(しょうあん)』(63~64)などの歴史小説,兄事した横光の生を描く『台上の月』(62~63)などを書いた。66年日本芸術院賞受賞。 (引用元 コトバンク)