芸能人・経営者のおくやみ情報

水島哲 氏

作詞家[日本]

2015年 6月27日 死去大腸がん享年87歳

水島 哲(みずしま てつ、1929年2月3日 - 2015年6月27日)は、日本の作詞家。
1929年2月3日、宮城県仙台市出身。
本名は安倍亮一。
早稲田大学理工学部在学中より音楽業界に入り、1956年に平尾昌章が歌った『星は何でも知っている』で作詞家としてデビュー。
その後、読売新聞社に記者として入社。
東京本社文化部記者として音楽関係の記事や評論を書きながら、一方では作詞家として数々の作品を世に送り出す。
1989年頃まで読売新聞に在職しており、その後フリーの音楽評論家となった。
2015年6月27日、大腸癌のため死去。
86歳没。
作風 水島は洋楽曲の訳詞、和製ポップス、演歌、グループサウンズまでジャンルを問わない創作活動を行っていた。
本人は「本業の記者として論理的な記事を書いていた一方で、非論理的な、感情を盛り込む仕事として作詞を行っていた」旨のコメントを残している。
主な作品 西郷輝彦 「君だけを」(作曲:北原じゅん) 「チャペルに続く白い道」(作曲:北原じゅん) 「十七才のこの胸に」(作曲:北原じゅん) 「この虹の消える時にも」(作曲:北原じゅん) 布施明 「おもいで」(作曲:平尾昌晃) - 後述の平尾昌章の曲のリメーク版 「銀の涙」(作曲:平尾昌晃) 「霧の摩周湖」(作曲:平尾昌晃) 平尾昌章 「星は何でも知っている」(作曲:津々美洋) 「哀愁のバイパス道路」(作曲:吉田正) 「おもいで」(作曲:平尾昌晃) 和田浩治 「純情愚連隊」(作曲:不明) 三田明 「恋人の泉」(作曲:吉田正) 「薔薇の涙」(作曲:吉田正) ザ・ランチャーズ 「真冬の帰り道」(作曲:喜多嶋修) 脚注 ==。

作詞家。元読売新聞記者。 1929年2月3日、生まれ。2015年6月27日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「水島哲」と関連する人物(故人)