芸能人・経営者のおくやみ情報

瀬戸口藤吉

海軍軍楽師[日本]

(「軍艦行進曲」を作曲)

1941年 11月8日 死去享年74歳

瀬戸口藤吉 - ウィキペディアより引用

瀬戸口藤吉(せとぐちとうきち、1868年6月29日(慶応4年5月10日) - 1941年(昭和16年)11月8日)は、日本の音楽家の一人で海軍軍楽師。
出生地は鹿児島県鹿児島郡小川町(現・鹿児島市)と肝属郡垂水村(現・垂水市)の二説がある。
軍艦行進曲などの作曲家として知られ、「日本行進曲の父」と讃えられる。
生涯 琉球王朝に対する接待係を務める薩摩藩士・瀬戸口覚兵衛の家に生まれる。
13歳の時、覚兵衛の実弟であり、東海鎮守府警吏補であった大山軍八の養子となって大山藤吉と名を改め、横浜(東海鎮守府が置かれていた。
1885年に横須賀に移転)に移る。
1882年、海軍の第2回軍楽公募生に応募し採用せられる。
1895年に海軍軍楽師に任ぜられたが、その昇任試験の時、いくつかの問題に難渋し諦めかけた時、試験官であった岡田啓介に励まされ、見事合格したというエピソードがある。
1896年に横須賀で旅館の次女と結婚した。
1897年ごろに「軍艦」を作曲。
この頃から実家の瀬戸口家から戻るよう催促され、ひと悶着の末に1900年に瀬戸口家に戻り、1904年に海軍軍楽長(軍楽隊長)に昇進した。

「瀬戸口藤吉」と関連する人物(故人)