芸能人・経営者のおくやみ情報

梅崎春生 氏

作家[日本]

1965年 7月19日 死去享年51歳

梅崎春生 - ウィキペディアより引用

梅崎 春生(うめざき はるお、1915年(大正4年)2月15日 - 1965年(昭和40年)7月19日)は、日本の小説家。
来歴・人物 福岡市簀子町生まれ(現中央区大手門)。
旧制修猷館中学校(現福岡県立修猷館高等学校)、第五高等学校を経て、東京帝国大学文学部国文科に入学。
同人誌『寄港地』を発行する。
在学中、『早稲田文学』に「風宴」を発表。
卒業後、東京市教育局教育研究所に雇員として勤務する。
徴兵を受け、鹿児島県で暗号兵として敗戦を迎える。
この時の体験がのちの作品に反映されているが、配属された坊津町の特別攻撃隊などについては生涯一切語ることはなかった(詳細については外部リンク参照)。
戦後、江口榛一の『素直』編集部に勤め、同誌に「桜島」を発表。
新進作家として注目される。
1950年「黒い花」、1951年「零子」、1953年「拐帯者」がそれぞれ直木賞候補となり、「ボロ家の春秋」(『新潮』1954年(昭和29年)8月号)で第32回直木賞(1954年・下半期)を受賞。

うめざきはるお [生]1915.2.15.福岡[没]1965.7.19.東京小説家。第五高等学校を経て1940年東京大学国文学科卒業。太平洋戦争敗戦前夜の,兵士として死に直面した「私」の生々しい心理を描いた『桜島』(1946),限界状況を生きる逃亡者と追跡者の心理的葛藤を展開する『日の果て』(47)の成功により作家としての地位を得た。そのほか敗戦後の荒廃に対する虚無と絶望の心象を綴った『ある顛末』(48)などの作もあるが,その後誇張したリアリズムによって現実を戯画化し,日常生活の断面に現代社会の奥行を彷彿させる方向に進み,『ボロ家の春秋』(54)で直木賞を受け,『砂時計』(55)などを書いた。神経症を病んだ晩年の作『狂ひ凧(だこ)』(63),『幻化』(65)では生存の不安を象徴するコスモスを対象化して『桜島』に照応する世界を示した。 (引用元 コトバンク)