芸能人・経営者のおくやみ情報

万城目正 氏

作曲家[日本]

1968年 4月25日 死去享年64歳

万城目正 - ウィキペディアより引用

万城目 正(まんじょうめ ただし、1905年1月31日 - 1968年4月25日)は、日本の作曲家。
本名は萬城目 侃(読みは同じ)。
経歴・人物 北海道十勝支庁中川郡幕別村(現:幕別町)出身。
旧制中学を卒業後に上京し、武蔵野音楽学校で学ぶ。
その後一時帰道するが再び上京して松竹楽団に入社し、多くの劇伴を作曲・指揮を担当。
1938年の映画『愛染かつら』の主題歌「旅の夜風」など多くの映画音楽を手がけ、そのほとんどの作品はコロムビアレコードからレコードとして発売され、専属作曲家として長年に渡り重きを成した。
戦後は映画『そよかぜ』の音楽を担当し、主題歌の「リンゴの唄」は並木路子が歌い大ヒットした。
また歌謡曲では高峰三枝子、美空ひばり、島倉千代子の歌を多く作曲し、戦前から多くの歌手や俳優の歌唱指導を担当した経験を活かして1957年には松竹大船撮影所の近くに「万城目正歌謡音楽院」を開校した。

まんじょうめ-ただし 1905-1968昭和時代の作曲家。明治38年1月30日生まれ。武蔵野音楽学校でまなぶ。松竹映画の音楽担当から,昭和13年コロムビアレコード専属となり,映画「愛染かつら」の主題歌「旅の夜風」がヒット。戦後,並木路子「リンゴの唄」,美空ひばり「悲しき口笛」,コロムビア・ローズ「哀愁日記」,島倉千代子「この世の花」などを手がけた。昭和43年4月25日死去。63歳。北海道出身。本名は侃(ただし)。 (引用元 コトバンク)