芸能人・経営者のおくやみ情報

徐才厚 氏

前共産党中央軍事委員会副主席[中国]

2015年 3月15日 死去膀胱がん享年72歳

徐才厚 - ウィキペディアより引用

徐 才厚(じょ さいこう、1943年6月 - 2015年3月15日)は中華人民共和国の軍人。
総政治部主任、中国共産党中央政治局委員、党中央軍事委員会副主席、国家中央軍事委員会副主席を歴任。
最終階級は上将。
1943年、満洲国時代の奉天省復県に生まれる。
1963年8月、人民解放軍に入隊。
1963年8月~1968年12月、ハルビン軍事工程学院電子工程系で学ぶ。
卒業後、陸軍第39軍の農場で働き、1970年3月、吉林省軍区独立師団第3連隊第2大隊第6中隊に配属。
1971年4月、中国共産党に入党。
1971年6月、瀋陽軍区守備第3師団砲兵連隊第1大隊第2中隊副指導員、1972年8月、吉林省軍区政治部幹部、副処長。
1980年10月~1982年8月、解放軍政治学院培訓班で学ぶ。
1982年8月、吉林省軍区政治部幹部処処長、1983年5月、吉林省軍区政治部副主任。
1984年12月~1985年8月、瀋陽軍区政治部群工部部長。
以後も政治将校として昇進を続けた。
1985年8月~1990年6月、陸軍第16集団軍政治部主任、1990年6月~1992年11月、第16集団軍政治委員。

中華人民共和国の軍人。1963年、人民解放軍に入隊し、瀋陽、吉林、済南などの軍区で重要ポストに就き、胡錦濤政権時代の2004年、中央軍事委副主席となり、いわゆる制服組の最高位に就いた。13年3月の全国人民代表大会で引退。14年6月30日、中国共産党は、習近平総書記(国家主席)が主宰する中央政治局会議を開き、同氏の党籍を剥奪することを決定し、収賄などの疑いで軍事検察機関に送致した。中国が1978年に改革・開放路線へ転じて以降、軍制服組トップ経験者の党籍剥奪は初めて。 (2014-7-2) (引用元 コトバンク)