芸能人・経営者のおくやみ情報

辰巳ヨシヒロ 氏(たつみよしひろ)

漫画[日本]

2015年 3月7日 死去享年81歳

辰巳ヨシヒロ - ウィキペディアより引用

辰巳 ヨシヒロ(たつみ ヨシヒロ、1935年6月10日 - 2015年3月7日)は、日本の漫画家、古書店経営者。
大阪府大阪市天王寺区出身。
本名、辰巳 嘉裕(たつみ よしひろ)。
兄は、漫画家・漫画出版社経営者の桜井昌一。
貸本漫画家として活躍しながら、「劇画」という名称を提唱、「劇画」誕生にあたって重要な役割を果たした。
貸本漫画家時代の別明記に、マイク浜、あさひ昇、江戸五郎などがある。
1970年代以降は、社会の底辺に位置する人々の悲哀や屈折を陰鬱なタッチで描いた作品を『ガロ』などに多数発表する。
それらの作品群は海外を中心に高く評価され、日本におけるオルタナティヴ・コミックの第一人者として広く認知されている。
大阪市天王寺区に生まれる。
太平洋戦争の激化により、大阪府箕面市へ。
次いで豊中市蛍池に疎開して、豊中で育つ。
少年時代から漫画好きで、2歳年上の兄・義興(のちの桜井昌一)と共に、特に手塚治虫の漫画に熱中する。
実家の経済的困窮もあり、豊中第二中学校時代から、兄と共に、雑誌『漫画少年』他、多数の雑誌の読者投稿コーナーに盛んに投稿し、たびたび入選して賞金を獲得。

  • 題名
    劇画漂流(上) (講談社漫画文庫)
    著者
    辰巳ヨシヒロ
    発売元
    講談社
    ページ数
    432ページ
    発売日
    2013-04-12
    新品価格
    ¥ 1,296
    中古商品
    ¥ 880 より
  • 題名
    増補版TATSUMI
    著者
    辰巳ヨシヒロ
    発売元
    青林工藝舎
    ページ数
    256ページ
    発売日
    2015-05-30
    新品価格
    ¥ 1,296
    中古商品
    ¥ 850 より
  • 題名
    劇画漂流(下) (講談社漫画文庫)
    著者
    辰巳ヨシヒロ
    発売元
    講談社
    ページ数
    448ページ
    発売日
    2013-05-10
    新品価格
    ¥ 1,296
    中古商品
    ¥ 880 より
  • 題名
    劇画暮らし (角川文庫)
    著者
    辰巳ヨシヒロ
    発売元
    KADOKAWA/角川書店
    ページ数
    424ページ
    発売日
    2014-10-25
    新品価格
    ¥ 907
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    辰巳ヨシヒロ傑作選 (ビームコミックス)
    著者
    辰巳ヨシヒロ
    発売元
    KADOKAWA/エンターブレイン
    ページ数
    243ページ
    発売日
    2014-10-25
    新品価格
    ¥ 8,024
    中古商品
    ¥ 2,189 より
  • 題名
    大発見
    著者
    辰巳ヨシヒロ
    発売元
    青林工芸舎
    ページ数
    319ページ
    発売日
    2002-11
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1,692 より
  • 題名
    限定復刻版 黒い吹雪
    著者
    辰巳ヨシヒロ
    発売元
    青林工藝舎
    ページ数
    136ページ
    発売日
    2010-01-20
    新品価格
    ¥ 1,620
    中古商品
    ¥ 1,000 より
  • 題名
    劇画漂流 上巻
    著者
    辰巳ヨシヒロ
    発売元
    青林工藝舎
    ページ数
    424ページ
    発売日
    2008-11-20
    新品価格
    ¥ 9,777
    中古商品
    ¥ 836 より
  • 題名
    大発掘
    著者
    辰巳ヨシヒロ
    発売元
    青林工芸舎
    ページ数
    310ページ
    発売日
    2003-09
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1,970 より

劇画家。1935年6月10日、大阪生まれ。2015年3月7日、死去。 「劇画」というジャンル名の提唱者。兄は、劇画家・劇画出版者の桜井昌一。 中学時代から『漫画少年』に投稿。1952年単行本『こども島』でデビュー。1957年、リアルに描いたアクション中心の自らの作風を「劇画」と名付け、劇画ブームの先鞭をつけた。1959年劇画工房を結成したが、1年で解散。 70年代以降は作風がかわり、社会の下層の人々を主人公にした、暗鬱な短編を主に執筆。 1986年、神田で漫画の古本専門店「ドン・コミック」を開店。 他の作品に「乾いた季節」「てっぺん○次」「大発見」「大発掘」等。 近年は、アメリカ、フランスなどに70年代の作品が翻訳され、「下層労働者の心象をリアルに描いた、初めてのマンガ家」として、海外での評価が高い。 なお、「まんだらけ」のカタログ誌に12年間にわたって連載した「劇画漂流」(貸本エレジー編)822枚が、D&Q社(カナダ)とアスティベリ社(スペイン)から出版。日本では2008年11月にようやく、青林工藝舎から刊行された。 また、短編「おれのヒットラー」24Pが、スコットランドの映像作家ジョセフ・ブリッファの手で映画化されることが決定。 このほかの辰巳作品としては「人喰魚」(ピラニア)、「いとしのモンキー」「穴」「東京うばすて山」の4作品に、スペインとアメリカから映画化のオファーが入っている。 (引用元 Hatena Keyword)

「辰巳ヨシヒロ」と関連する人物(故人)