芸能人・経営者のおくやみ情報

真鍋理一郎 氏(まなべりいちろう)

作曲家[日本]

2015年 1月29日 死去老衰享年92歳

眞鍋 理一郎(まなべ りいちろう、1924年11月9日 - 2015年1月29日)は、日本の作曲家。
東京工業大学卒業後、東京藝術大学声楽科(畑中良輔に師事)にて学び、1951年に作曲科へ転科。
作曲を池内友次郎に師事し、その後池野成の仲介により伊福部昭に師事。
イタリアにて映画音楽をAngelo Francesco Lavagninoに師事。
父はニコライ学校で学び、神田ニコライ堂で奉職した真鍋理従。
1956年から1979年にかけて手がけたSF映画、ホラー映画、怪獣映画、社会派映画、ドキュメンタリーの音楽で高い評価を得ている。
特に初期の大島渚監督とはコンビが続いた。
作風は幅広く、希望によりどんなスタイルでも対応できることを売りとしていた。
そのスタイルを箇条書きすれば以下のようになるかもしれない。
シンセサイザー、エレキギター、ドラムスなどを取り入れたサイケデリック・ロックやジャズの表現を自在に操り、小編成から大編成までのオーケストラと組み合わせ、現代的な不協和音も装飾的に扱うもの(一連の怪獣映画やホラー映画などに多い)。

作曲家。 1924年(大正13年)11月9日、生まれ。2015年(平成27年)1月29日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)