芸能人・経営者のおくやみ情報

河上和雄 氏

元東京地検特捜部長、弁護士[日本]

2015年 2月7日 死去敗血症享年82歳

河上 和雄(かわかみ かずお、1933年4月26日 - 2015年2月7日)は、日本の検察官・弁護士・法学者。
東京地検特捜部長、法務省矯正局長などを歴任。
駿河台大学名誉教授。
来歴・人物 東京都出身。
東京都立小山台高等学校を経て東京大学法学部に進学。
在学中に司法試験合格。
卒業後、司法修習を経て検事任官、派遣留学によりハーバード・ロー・スクールLLM課程修了。
作家の三好徹は実兄。
弁護士業界について、近年弁護士が実刑判決を受けるケースが増えており、暴力団を除けばわずかな弁護士集団から毎年これだけの実刑判決を受けるような組織はないと批判している。
真相報道 バンキシャ!のコメンテーターを務めたことで知られ、2009年6月28日放送の同番組内では宮崎県の東国原英夫知事に対し「人気はマスコミ、特にテレビが作り上げたもの」「地方分権だけで国政やっていけない」と批判した。

元東京地検特捜部長、弁護士。1933年4月26日、東京生まれ。56年、東京大学法学部を卒業し、58年に検事任官。66年には派遣留学によりハーバード大学ロースクール修士課程を修了している。東京地検検事、法務省公安課長・会計課長を歴任し、76年に明るみに出たロッキード事件では、東京地検特捜部検事として捜査に加わった。83年、東京地検特捜部長に就任。以降、佐賀地検検事正(84年)、法務省矯正局長(87年)、最高検公判部長(89年)に就任し、91年に退官。弁護士登録をし、企業の監査役を務めた他、大学教授としても活動した。「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ系列)のコメンテーターなどテレビにも多数出演し、経験豊富な論客として広く知られた。著書に『好き嫌いで決めろ』(講談社、2000年)や法律書などがある。15年2月7日、敗血症のため死去。享年81。 (2015-2-13) (引用元 コトバンク)