芸能人・経営者のおくやみ情報

陳舜臣 氏

作家[日本→中国→日本]

2015年 1月21日 死去老衰享年91歳

陳 舜臣(ちん しゅんしん、1924年(大正13年)2月18日 - 2015年(平成27年)1月21日)は、推理小説、歴史小説作家、歴史著述家。
代表作に『阿片戦争』『太平天国』『秘本三国志』『小説十八史略』など。
『ルバイヤート』の翻訳でも知られる。
神戸市出身。
本籍は台湾台北だったが、1973年に中華人民共和国の国籍を取得し、その後、1989年の天安門事件への批判を機に、1990年に日本国籍を取得している。
台湾国籍同時保有。
日本芸術院会員。
長男は写真家の陳立人(1952年 - )。
来歴・人物 神戸の元町に生まれる。
みずからの著書で語るところによれば、後漢の陳寔の末裔。
魏の陳羣、陳泰らも祖先にあたることになる。
陳家は、中国の河南省の頴川から福建省の泉州、さらに台湾に移住し、舜臣は陳家35代目である。
第一神港商業(後の神戸市立神港高等学校)を経て1941年大阪外国語学校(現大阪大学外国語学部)印度語学科に入学、印度語(ヒンディー語)とペルシア語を専攻する。

作家・歴史小説家・ミステリ作家。 1924年、神戸生まれ。本籍台湾台北。大阪外事専門学校インド語科卒。 1961年『枯草の根』で第7回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。 1968年『青玉獅子香炉』で第60回直木賞を受賞する。 1969年『玉嶺よふたたび』『孔雀の道』で第23回日本推理作家協会賞受賞。 1971年『実録アヘン戦争』で第25回毎日出版文化賞受賞。 1976年『敦煌の旅』で第3回大佛次郎賞受賞。 1988年『茶事遍路』で第40回賞読売文学賞 随筆・紀行賞受賞。 1992年『諸葛孔明』で第26回吉川英治文学賞受賞。 2015年1月21日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)