芸能人・経営者のおくやみ情報

仙石忠政(せんごくただまさ)

戦国武将、信濃小諸藩・信濃上田藩 藩主[日本]

(寛永5年4月20日没)

1628年 5月23日 死去享年51歳

仙石 忠政(せんごく ただまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期の武将、大名、信濃小諸藩の第2代藩主。
のちに信濃上田藩の初代藩主。
出石藩仙石家2代。
生涯 天正6年(1578年)、羽柴秀吉(豊臣秀吉)の家臣・仙石秀久の三男として生まれる。
長兄の久忠は盲目のために検校となり、次兄の秀範は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで西軍に与したため、戦後に父から勘当されて廃嫡となったため、嫡男となった。
父と共に徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いでは、父と共に東軍に属し、西軍方の真田昌幸の信濃上田城攻めに参加した(上田合戦)。
この時の功により、徳川秀忠の「忠」の字を拝領して、久政から忠政と改めたといわれている。
また、この時期に従五位下・兵部大輔に叙位・任官している。
慶長19年(1614年)、父の死去により家督を継ぎ、小諸藩5万石の第2代藩主となる。
同年からの大坂の陣にも参加し、大坂冬の陣で黒門口を担当した。
夏の陣では天王寺・岡山の戦いにおいて真田信繁、毛利勝永ら豊臣軍と交戦し、毛利隊の猛攻に苦しみつつも11の首級を得た。

「仙石忠政」と関連する人物(故人)