芸能人・経営者のおくやみ情報

唯是震一 氏

作曲家、箏曲家[日本]

2015年 1月5日 死去有棘細胞がん享年92歳

唯是 震一(ゆいぜ しんいち、1923年10月30日 - 2015年1月5日)は、日本の邦楽作曲家、筝曲家(生田流)。
現代における創作邦楽の第一人者として、国際的に知られる。
また、現代邦楽の中で、最も再演数が多い作曲家の一人でもある。
妻は筝曲家の中島靖子。
北海道深川市生まれ。
父親は尺八奏者、母親は筝曲家。
3歳から生田流筝曲を学ぶ。
小樽高等商業学校(現・小樽商科大学)卒業後、一度就職するが、間もなく退職し、東京音楽学校邦楽科に入学。
宮城道雄に師事する。
その後、後身の東京藝術大学に楽理科が設置されると転科し、在学中の1952年、邦楽コンクール(東京新聞社主催)で第1位・文部大臣賞を受賞。
卒業後の1953年から2年間、コロンビア大学でヘンリー・カウエルに師事。
この間クックレーベルからレコード『日本の琴』をリリース。
1955年には、ストコフスキー指揮のニューヨーク・フィルハーモニーとの共演で、《春の海》を演奏し、国際的にも知られるようになる。

  • 題名
    神仙調舞曲 [DVD]
    監督
    出演俳優
      発売元
      日本伝統文化振興財団
      時間
      37分
      発売日
      2017年9月20日
      新品価格
      ¥ 3,427
      中古商品
    • 題名
      私の半生記 (1983年)
      著者
      唯是震一
      発売元
      砂子屋書房
      ページ数
      192ページ
      発売日
      1983-11
      新品価格
      中古商品
      ¥ 3,899 より

    ゆいぜ-しんいち 1923-2015昭和後期-平成時代の箏曲(そうきょく)家,作曲家。大正12年10月30日生まれ。生田流箏曲正派邦楽会2代家元・中島靖子の夫。宮城道雄に師事。昭和27年東京新聞邦楽コンクール作曲部門第1位・文部大臣賞。東京芸大卒業後コロンビア大に留学し,ヘンリー-カウエルに作曲をまなぶ。作曲に「合奏組曲石狩川」「神仙調舞曲」など。正派邦楽会理事。現代邦楽作曲家連盟会長。平成19年国内外の箏曲演奏などにたいし芸術院賞。平成27年1月5日死去。91歳。北海道出身。作品集に「唯是震一の音楽」。 (引用元 コトバンク)