芸能人・経営者のおくやみ情報

呉清源 氏(ごせいげん)

囲碁棋士[中国→日本]

2014年 11月30日 死去老衰享年101歳

呉清源 - ウィキペディアより引用

呉 清源(ご せいげん、1914年6月12日 - 2014年11月30日 )は、囲碁の棋士。
中国福建省出身、日本棋院瀬越憲作名誉九段門下。
本名は呉 泉(くれ いずみ)、清源は通称名。
一時日本棋院を離れて読売新聞嘱託となるが、後に復帰。
日本棋院名誉客員棋士。
木谷實とともに「新布石」の創始者としても知られる。
来日まで 父呉毅(炎曾)の三男として福州に生まれる。
先祖は代々官職について「書香一門」とも呼ばれていたが、呉毅は福建高等学堂卒業後の1913-14年頃に日本に留学し、呉清源誕生後に北京に移る。
留学中に囲碁に興味を持ち、方円社に通うなどして初段に二子ほどの腕前となり、帰国時には多くの棋書を持ち帰っていた。
北京では義父張元奇のつてで平政院に勤めた。
4歳のときにヘルニアに罹り、治りきらないままとなる。
5歳から父に四書五経を学ばせられる。
7歳のとき囲碁を教えられ、父が日本に留学した時に持ち帰ったり、取り寄せたりした棋書(『囲棋新報』合本、『敲玉余韵』(本因坊秀策の棋譜集)、御城碁の棋譜など)により学ぶ。

囲碁棋士。中国福建省出身。 1914年(大正3年)5月19日、生まれ。2014年(平成26年)11月30日、死去。 昭和最強の棋士だが、実力制名人戦創設が全盛期と重ならなかったため、タイトルとしての名人はとれなかった。 (引用元 Hatena Keyword)