芸能人・経営者のおくやみ情報

稲川聖城 氏

ヤクザ、稲川会総裁[日本]

2007年 12月22日 死去肺炎享年93歳

稲川 聖城(いながわ せいじょう、本名: 稲川 角二(いながわ かくじ)、1914年11月13日 - 2007年12月22日 )は、ヤクザ、指定暴力団・稲川会初代会長、総裁。
稲川会3代目会長・稲川裕紘は実子(長男)、初孫は稲川英希。
生涯 1914年11月13日、横浜市西区浅間町に生まれる。
1933年頃、同町で柔道教室を催する吉岡日露史の門弟だった。
1933年、神奈川県鎌倉郡片瀬町(後の藤沢市片瀬)を本拠とする堀井一家三代目総長加藤伝太郎の下で修行に入る。
ここで生涯の兄貴分となる横山新次郎と出会った。
1935年、会津若松歩兵第29連隊に現役兵として入隊(父親が福島県出身であった為)。
1936年、二・二六事件に鎮圧軍側の一人として出動。
1941年、網島一家五代目総長の鶴岡政治郎の代貸になる。
1949年に静岡県熱海市の山崎屋一家五代目を継承すると同時に「稲川組」を結成。
横浜の愚連隊だった出口辰夫(通称モロッコの辰)、井上喜人、吉水金吾、林喜一郎(後の錦政会理事長、稲川一家会長代行、稲川会会長補佐)を若衆とし(彼らは四天王と呼ばれた)、一気に勢力を拡大した。

「稲川聖城」と関連する人物(故人)