芸能人・経営者のおくやみ情報

大谷晃一 氏

作家、元帝塚山学院大学長[日本]

2014年 5月25日 死去老衰享年91歳

大谷 晃一(おおたに こういち、1923年11月25日 - 2014年5月25日)は、作家、評論家、帝塚山学院大学名誉教授・元学長。
大阪府生まれ。
関西学院大学法文学部卒業後、朝日新聞社入社。
大阪本社学芸部次長、編集委員を歴任、その間の1971年、「続関西名作の風土」で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。
1979年、帝塚山学院大学教授就任。
1997年には、同大学の学長に就任。
2001年に退官後、同大学名誉教授となる。
大阪を中心とした伝記文学、歴史小説、近代日本文学研究で著書多数。
『大阪学』シリーズはロングセラーで、個別都市学もののさきがけとなった。
また、沖積舎から『大谷晃一著作集』全6巻を刊行。
帝塚山学院大学学長在任中の1999年10月から2007年頃までは、MBSテレビ平日午後の情報番組『ちちんぷいぷい』に、「ぷいぷい顧問団」(コメンテーター)の一員として出演していた。
2014年5月25日午後1時20分、老衰のため兵庫県伊丹市内の有料老人ホームで死去した。
90歳。
著書 関西名作の風土 創元社, 1968 関西名作の風土 続 創元社, 1971 おんなの近代史 風雪を生きた五六人の証言 講談社, 1972 生き愛し書いた 織田作之助伝 講談社, 1973 手仕事のおんな 朝日新聞社, 1975 大阪歴史散策 保育社, 1976 (カラーブックス) 現代職人伝 朝日新聞社, 1978 評伝梶井基次郎 河出書房新社, 1978 文学の土壌 駸々堂出版, 1979 大阪文学散歩 保育社, 1981 (カラーブックス) 評伝武田麟太郎 河出書房新社, 1982 鴎外、屈辱に死す 人文書院, 1983 楠木正成 河出書房新社, 1983 のち文庫 歌こそわが墓標 昭和無名歌人伝 人文書院, 1984 仮面の谷崎潤一郎 創元社, 1984 表彰の果て 編集工房ノア, 1985 大阪の歴史を歩く 創元社, 1985 上田秋成 トレヴィル, 1987 ある出版人の肖像 矢部良策と創元社 創元社, 1988 楠木正儀 河出書房 ……

作家。1923年、大阪府生まれ。関西学院大卒業後、京都新聞社を経て朝日新聞大阪本社に入社。同社を定年退職後は帝塚山学院大学の教授となり、97年から2001年まで学長を務めた。40代で執筆活動を始め、1971年に『続関西名作の風土』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。織田作之助や梶井基次郎など作家の評伝も多数手がけ、89年に大阪芸術賞を受賞した。大学での講義をもとに執筆した『大阪学』シリーズでは、大阪の文化や風俗をユニークな視点で分析し、人気を集めた。2014年5月25日、老衰のため死去。享年90。 (2014-5-27) (引用元 コトバンク)