芸能人・経営者のおくやみ情報

赤塚不二夫 氏(あかつかふじお)

漫画[日本]

2008年 8月2日 死去肺炎享年74歳

赤塚不二夫 - ウィキペディアより引用

赤塚 不二夫(あかつか ふじお、本名:赤塚 藤雄、1935年(昭和10年)9月14日 - 2008年(平成20年)8月2日)は、日本の漫画家。
小学六年生の時、手塚治虫の『ロストワールド』に大いなるショックを受け、漫画家を志す。
1956年に貸本漫画『嵐をこえて』でデビュー。
その後石森章太郎を慕い、トキワ荘に入居。
以後作品発表の舞台を漫画雑誌に移し、1962年に『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』の大ヒットで一躍人気作家となる。
1967年に代表作である『天才バカボン』の爆発的ヒットと、その後の『もーれつア太郎』『レッツラゴン』といった一連のヒット作や長期連載作品等により「ギャグ漫画の王様」と謳われ、戦後ギャグ漫画史の礎を築いた。
生い立ち 1935年(昭和10年)9月14日、満州国熱河省灤平県古北口古城裡(現在の中華人民共和国河北省承徳市灤平県と北京市密雲県古北口との境界線)に赤塚藤七と妻リヨの6人兄弟の長男として生まれる。

あかつかふじお [生]1935.9.14.満州,奉天[没]2008.8.2.東京,文京区まんが家。本名赤塚藤雄。満州で生まれ,第2次世界大戦後に当地から引き揚げ,奈良県,新潟県で育つ。新潟県内の中学校を卒業して上京,働きながらまんがの修行を始めた。1956年『嵐をこえて』でデビュー。1962年六つ子を主人公にした『おそ松くん』が爆発的人気を得,まんが家としての地位を確立する。以後,『天才バカボン』(1967),『もーれつア太郎』(1967)などの代表作を次々と発表,ギャグまんが家として活躍した。作品から誕生した「シェー」「これでいいのだ」「ニャロメ」は流行語となった。ほかに『ひみつのアッコちゃん』『レッツラゴン』など。著書に自伝『笑わずに生きるなんて』(1984)などがある。1965年小学館漫画賞,1997年日本漫画家協会文部大臣賞,1998年紫綬褒章を受けた。(→まんが) (引用元 コトバンク)