芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリー・ムーア 氏Henry Spencer Moore

彫刻家[イギリス]

1986年 8月31日 死去享年89歳

ヘンリー・ムーア(Henry Spencer Moore、1898年7月30日 - 1986年8月31日)は、20世紀のイギリスを代表する芸術家・彫刻家である。
炭鉱夫の息子としてヨークシャーのキャッスルフォードで生まれ、大理石やブロンズを使った大きな抽象彫刻で知られる。
イギリスの美術界から大いに援助を受けてきたムーアは、イギリスにモダニズム美術を紹介するのに大きな役割を果たし、イギリス美術を国際的なものにすることに大きく貢献した。
大規模なモニュメントなどの注文をこなす能力により、ムーアはその生涯の後半に美術家としては並外れて財力豊かになった。
しかし、彼は質素な生活を死ぬまで送り、その富のほぼすべてが「ヘンリー・ムーア財団」の基金として寄付され、美術教育や普及の支援のために使われている。
ムーアの特徴的な作品は、穴が貫通している横たわる像(横たわる人体)である。
当初はオルメカ文明、トルテカ文明やマヤ文明などの石像、とりわけ1925年にパリで見た、チチェン・イッツアから出土したチャック・モールの石膏模型から大きな影響を受けた。