芸能人・経営者のおくやみ情報

まど・みちお 氏

詩人[日本]

2014年 2月28日 死去老衰享年106歳

まど・みちお(本名:石田 道雄〈いしだ みちお〉、1909年〈明治42年〉11月16日 - 2014年〈平成26年〉2月28日)は、日本の詩人。
25歳のときに北原白秋にその才能を認められ、33歳のときには太平洋戦争に召集された。
詩作りは20代から始め、以来生涯にわたって詩を作り続けた。
創作意欲の源は、政治・行政・教育・経済・戦争などに対する不満である。
「ぞうさん」や「やぎさんゆうびん」などの、そのおおらかでユーモラスな作品は童謡としても親しまれている。
表現の前に存在があるという意味で「存在の詩人」とも称される。
山口県都濃郡徳山町(のちの徳山市、現在の周南市)の生まれ。
幼い頃に父が仕事の都合で台湾へ渡り、さらにまどが5歳の時に母がまどの兄と妹を連れて同地に移住したため4年ほどの間、祖父と2人での生活を送っている。
その後、まども祖父のもとを離れて台湾へ渡った。
台北工業学校土木科に在学中、数人で同人誌『あゆみ』を創刊し詩を発表。
卒業後は台湾総督府の道路港湾課で働いていたが1934年、雑誌『コドモノクニ』の童謡募集に応じて5篇を投稿、そのうちの2篇「ランタナの籬(かき)」「雨ふれば」が選者の北原白秋の目に止まり特選に選ばれたのをきっかけに詩や童謡の投稿を本格的に行うようになる。

詩人。 別表記:まどみちお 1909年生まれ。山口県周南市(旧 徳山市)出身。 多くの詩や童謡の詞の創作活動を行う。 2014年2月28日、老衰のため死去。 (引用元 Hatena Keyword)