芸能人・経営者のおくやみ情報

山本兼一 氏

作家[日本]

2014年 2月13日 死去原発性左上葉肺腺がん享年59歳

山本 兼一(やまもと けんいち、1956年7月23日 - 2014年2月13日)は、京都市生まれの小説家。
京都市立紫野高等学校、同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻卒業。
出版社、編集プロダクション勤務、フリーライターを経て作家デビュー。
松尾芭蕉などを専門とする国文学者・山本唯一(大谷大学名誉教授)の長男として京都府に生まれる。
先祖は代々新潟県真宗寺院の僧侶。
2012年10月に肺腺癌で一度入院。
2013年12月中旬に病状が悪化して再入院し、病床で執筆を続けていた。
2014年2月13日午前3時42分に原発性左上葉肺腺癌のため京都市の病院で死去。
57歳没。
雑誌『中央公論』に2013年11月号から連載していた「平安楽土」が絶筆となった。
最後となった同作の第6回を編集者に送ったのは死去前日、亡くなる約5時間半前であった。
1999年 - 「弾正の鷹」で小説NON創刊150号記念短編時代小説賞佳作 2002年 - 『戦国秘録 白鷹伝』でデビュー 2004年 - 『火天の城』で第11回松本清張賞受賞 2005年 - 『火天の城』で第132回直木三十五賞候補 2008年 - 『千両花嫁』で第139回直木三十五賞候補 2009年 - 『利休にたずねよ』で第140回直木三十五賞受賞、『火天の城』映画化 2013年 - 『利休にたずねよ』映画化 著書 小説 『戦国秘録 白鷹伝』祥伝社(2002年)のち文庫(2007年) 『火天の城』文藝春秋(2004年)のち文庫(2007年) 『雷神の筒』集英社(2006年)のち文庫(2009年) 『いっしん虎徹』文藝春秋(2007年)のち文庫(2009年) 『弾正の鷹』祥伝社(2007年)のち文庫(2009年) 『千両花嫁 とびきり屋見立て帖』文藝春秋(2008年)のち文庫(2010年) 『狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎』講談社(2008年)のち文庫(2011年) 『利休にたずねよ』PHP研究所(2008年)のち文庫(2010年) 『ジパング島発見記』集 ……

小説家。1956年、京都市生まれ。同志社大学卒業後、出版社勤務からフリーランスライターを経て、99年『弾正の鷹』(祥伝社)が「小説NON創刊150号記念短編時代小説賞」佳作となる。2002年『戦国秘録白鷹伝』(祥伝社)で長編小説家としてデビュー。04年『火天の城』(文藝春秋社)で第11回松本清張賞を受賞(09年に映画化)。05年に『火天の城』、08年に同年発表の『千両花嫁』(文藝春秋社)が直木賞候補となる。09年『利休にたずねよ』(PHP研究所)で第140回直木賞を受賞した。『利休にたずねよ』は13年、市川海老蔵と父・団十郎の共演で映画され、モントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞を受賞した。14年2月13日、原発性左上葉肺腺がんで死去。享年57。 (2014-2-17) (引用元 コトバンク)