芸能人・経営者のおくやみ情報

山口瞳 氏

作家エッセイスト[日本]

1995年 8月30日 死去肺がん享年70歳

山口 瞳(やまぐち ひとみ、本名同じ、1926年(大正15年)11月3日 - 1995年(平成7年)8月30日)は、日本の男性作家、エッセイスト。
妹は日本舞踊家の花柳若奈(本名:栄)でジェリー伊藤の妻。
作家で映画評論家の山口正介は息子。
生涯 東京市麻布区に生まれ育つ。
父親はアイディアマンの実業家。
母親は横須賀の柏木田遊郭の経営者の娘で(ただし、その事実は、終生子供には隠していた)、美人で社交的で粋な女性。
非常に雰囲気が明るく、交友関係も広く、派手な家庭であった。
長唄三味線家元の杵屋勝東治、その息子である、後の若山富三郎、勝新太郎も出入りしていた。
父親の事業が一時失敗し、落魄して川崎の尻手付近に「都落ち」したこともあり、山口の中ではその赤貧時代が原風景としていつまでも残り、派手好きでありながら、一方で非常に謹直であるという複雑な性格の元となった。
家族の間では「冷血動物」とあだ名されたという。
小学校時代は野球に熱中し、同級生に元東急フライヤーズ投手の黒尾重明がいた。
旧制麻布中学を経て旧制第一早稲田高等学院を中退。
兵役の後、1946年に鎌倉アカデミアに入学し、在学中から同人誌に作品を発表。

  • 題名
    江州音頭 葛の葉白狐伝
    歌手
    天光軒新月
    発売元
    日本コロムビア
    発売日
    1998年7月01日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

やまぐちひとみ [生]1926.11.3.東京[没]1995.8.30.東京小説家。麻布中学を経て早稲田高等学院に入学したものの在学中に召集される。第2次世界大戦後,鎌倉アカデミアに入学,吉野秀雄,高橋義孝らの師に出会う。出版社に勤務しながら國學院大學を卒業し,1958年からは寿屋(現サントリー)の宣伝部に入社。そこで開高健,柳原良平らの同僚を得,PR雑誌『洋酒天国』の編集者兼コピーライターとして才能を開花させた。1961年から雑誌『婦人画報』に『江分利満氏の優雅な生活』を連載,都内の社宅に住む実直さだけがとりえのサラリーマンの日々を,都会人らしい羞恥心とアイロニーをもって描き,多くの共感を呼んだ。これにより1963年直木賞を受賞,以後,作家活動に専念することになった。『マジメ人間』(1965),『少年老い易く』(1967),『なんじゃもんじゃ』(1971),『人殺し』(1972)などを発表したのち,1979年には母の出生の秘密をテーマにした『血族』で菊池寛賞を受賞。さらに1983年の『家族(ファミリー)』では愛憎相なかばする父親の一生を描いた。一方,雑誌『週刊新潮』に約30年にわたってエッセー『男性自身』を連載,その都会的で軽妙なセンスが多くの読者をひきつけた。 (引用元 コトバンク)