芸能人・経営者のおくやみ情報

渥美清 氏(あつみきよし)

俳優[日本]

1996年 8月4日 死去転移性肺がん享年68歳

渥美清 - ウィキペディアより引用

渥美 清(あつみ きよし、1928年(昭和3年)3月10日 - 1996年(平成8年)8月4日)は、日本のコメディアン、俳優。
本名、田所 康雄(たどころ やすお)。
愛称は、寅さん、風天(俳号)。
身長173cm、体重70kg。
来歴・人物 生涯 1928年(昭和3年)3月10日に、東京府東京市下谷区車坂町(現・東京都台東区上野七丁目)で地方新聞の新聞記者をしていた父友次郎と、元小学校教諭で内職の封筒貼りをする母タツとの間に次男として生まれる。
兄に健一郎がいる。
1934年11月、上野の板橋尋常小学校に入学。
1936年、一家で板橋区志村清水町に転居。
それに伴い、志村第一尋常小学校へ転入。
小学生時代はいわゆる欠食児童であったという。
加えて、病弱で小児腎臓炎、小児関節炎、膀胱カタル等の様々な病を患っていた。
そのため学校は欠席がちで、3年次と4年次では長期病欠であった。
欠席中は、日がな一日ラジオに耳を傾け徳川夢声や落語を聴いて過ごし、覚えた落語を学校で披露すると大変な評判だったという。

あつみきよし [生]1928.3.10.東京[没]1996.8.4.東京映画俳優。本名,田所康雄(たどころやすお)。東京市下谷区車坂町(現,上野7丁目)に生れる。中学卒業後,新派軽演劇の幕引きとなり,いくつもの劇団を渡り歩く。1953年,浅草のストリップ劇場,フランス座に入る。当時のフランス座には,コメディアンの関敬六,谷幹一,八波むと志,佐山俊二,南利明らがおり,裏方には井上ひさしがいた。54年結核で入院したが,56年に復帰し,61年,NHKの『夢であいましょう』『若い季節』,フジテレビの『大番』で人気を得る。68年,山田洋次脚本によってフジテレビの連続ドラマ『男はつらいよ』に主演。翌69年映画化され,「フーテンの寅さん」役で国民的人気を集める。この『男はつらいよ』の映画シリーズは全48作という,これまでにない長寿記録を達成した。88年紫綬褒章を受章。没後国民栄誉賞が贈られた。 (引用元 コトバンク)