芸能人・経営者のおくやみ情報

エウゼビオ 氏

サッカー選手[ポルトガル]

2014年 1月5日 死去心不全享年72歳

エウゼビオ - ウィキペディアより引用

エウゼビオ・ダ・シルヴァ・フェレイラ(ポルトガル語: Eusébio da Silva Ferreira, 1942年1月25日 - 2014年1月5日)は、ポルトガル領東アフリカ (現:モザンビーク) のロウレンソ・マルケス(現:マプト)出身のサッカー選手。
ポジションはFW。
現役当時、日本のマスコミ等では「オイセビオ」と表記されていた。
これは当時の日本代表コーチのデットマール・クラマーがスペルの「Eusébio」をドイツ語読みで「オイセビオ」と読んだのが由来とされる。
SLベンフィカはエウゼビオの功績を称え、毎年夏にエウゼビオ・カップという親善大会を開催している。
黒豹(The Black Panther)または黒い真珠(The Black Pearl)の愛称で呼ばれた1960年代から1970年代を代表するフォワード。
同時代にプレーしたペレとも並び称された選手で、現役通算727試合に出場し715得点を記録した。
ポルトガル代表通算64試合41得点。
2005年にペドロ・パウレタに抜かれるまで代表最多得点記録だった。

Eusebio 国籍ポルトガル 専門元・サッカー選手 本名Eusebio〉エウゼビオ〈DaSilvaFerreiraダ・シルバ・フェレイラ 生年月日1942/1/25 出生地モザンビーク 経歴18歳でモザンビークから当時宗主国だったポルトガルに渡る。1961年サッカーのポルトガル代表デビュー。’66年W杯イングランド大会にFWとして出場、準々決勝で北朝鮮に3点リードされたが、その後立て続けに4点を奪い勝利をもたらした。9ゴールを挙げて得点王を獲得。同年ヨーロッパ最優秀選手、世界最優秀選手に選ばれる。サッカーの王様ペレと並び称され、“モザンビークのブラックパンサー(黒豹)”とよばれた。’70年ベンフィカ・リスボンの一員として来日、日本代表と戦う。世界の名門チームから誘われたが、国家的英雄のため政府により移籍が認められずベンフィカに16年間在籍。その後新設された北米プロリーグのボストンでプレーし、’80年引退。ポルトガル代表46試合36得点。ポルトガルリーグで優勝11回、得点王7回、ゴールデン・ブーツ賞2回。’82年ベンフィカのコーチに。国際サッカー連盟(FIFA)の広報活動も手伝う。’93年日本・ポルトガル友好450周年記念のイベントに参加するため来日。2000年FIFA選定の20世紀ベストイレブンにアフリカ出身選手として唯一選ばれた。 受賞バロンドール(欧州年間最優秀選手)〔1965年〕;ゴールデン・ブーツ賞〔1968年・1973年〕 (引用元 コトバンク)