芸能人・経営者のおくやみ情報

コリン・ウィルソン 氏

著述家[イギリス]

2013年 12月5日 死去享年83歳

コリン・ウィルソン - ウィキペディアより引用

コリン・ウィルソン(Colin Wilson、 1931年6月26日 - 2013年12月5日)は、イギリスの小説家、評論家。
1931年6月26日、イングランドのレスターに生まれる。
父親は靴工場で働く労務者であり、典型的な労働者階級の出であった。
経済的事情から16歳でやむなく学校を去り、さまざまな仕事に就きながら空いた時間に執筆を続ける。
1956年、24歳の時、様々な文学人・文化人について「実存主義的な危機」という観点から論じた評論『アウトサイダー』を発表。
これが大きな反響を呼び、作家としての地位を確立。
これは当時取り組んでいた小説『暗黒のまつり』の執筆を中断して一気に書き上げたものである。
この期間中、ウィルソンは定職に就かず、昼間は大英博物館で執筆、夜は野宿という生活を送っていた(これらの経緯は何作もある彼の自伝において繰り返し述べられている)。
その後はその博覧強記な才能によって、殺人、オカルト、心理学などを独自の思想から論じてきており、自身ではこれを「新実存主義」と呼んでいる。

(1931ー )英の評論家・作家。 高校を中退後、肉体労働をしながら大英図書館に通って独学を続け、1956年、25歳の時に文学評論の『アウトサイダー』で華々しくデビューして世界中の文壇に衝撃を与えた。 翌年、『宗教と反逆者』を発表した後、文学評論以外にも、神秘主義についての本、殺人研究本やSF小説なども多く発表。 隠匿学研究の『オカルト』は爆発的に売れた。評論に『敗北の時代』(59年)、『オカルト』(71年)、長編小説に『暗黒の祭り』(60年)など (引用元 Hatena Keyword)