芸能人・経営者のおくやみ情報

藤井将雄 氏

フロ野球選手[日本]

(ダイエーの投手)

2000年 10月13日 死去肺がん享年31歳

藤井将雄 - ウィキペディアより引用

藤井 将雄(ふじい まさお、本名:藤井 政夫(読み同じ)、1968年10月16日 - 2000年10月13日)は、佐賀県唐津市出身のプロ野球選手(投手)。
炎の中継ぎと称された。
プロ入り前 1968年に福岡市西区今宿に生まれるが、1979年に父母の別居で姉・妹と共に母の出身地である唐津へ転居。
母は呼子町の朝市で働き、将雄をはじめ3人の子を女手一つで育てた。
なお、藤井の父は別居状態のまま1985年に急病で、美容師となった姉もプロ入り直前の1994年に交通事故で他界している。
市立湊中学校から佐賀県立唐津商業高等学校へ進学。
学生時代の愛称は、福岡出身で同姓の歌手の藤井フミヤからフミヤ。
顔立ち・やや細身のプロポーション故に異性から人気だったとされる。
高校卒業後、日産自動車九州に入り、エースとして活躍する。
1994年にはチーム初の都市対抗野球出場とベスト8、社会人野球日本選手権の出場に大きく貢献した。
日本代表にも選ばれ、広島アジア大会で金メダルを獲得した。
その年、ドラフト4位指名で福岡ダイエーホークスに入団、背番号は「15」に決まった。

プロ野球選手。 本名「政夫」。通称「炎の中継ぎ」。 右投右打、ポジションは投手。背番号は15番。 1968年10月16日生まれ。佐賀県唐津市出身。 唐津商業高校から日産自動車九州に進む。 先発投手として都市対抗野球4度・社会人野球日本選手権2度出場を果たす。 1995年、ドラフト4位で福岡ダイエーホークスへ入団。 初年度より一軍で登板、1完封を含む4勝を挙げる。 1997年より救援投手になり、98年は48試合に登板し4勝を挙げる。 1999年、「炎の中継ぎ」として活躍し、3勝1敗3S、シーズン26ホールドと、当時のパリーグ最多ホールド記録を樹立。 中継ぎ投手として篠原貴行と共に活躍。 福岡ダイエーホークスのパ・リーグ初優勝、日本一の立役者となる。 日本シリーズ中に胸部の痛みを訴え、翌シーズンは入退院を繰り返しつつ2軍での調整を計ったが、 チームのV2を見届けたのち、2000年10月13日、肺がんのため逝去。31歳だった。 福岡ドームの15番ゲートは、「藤井ゲート」として、 記念のプレートと写真、そして藤井の最後のメッセージが入り口に掲げられている。  皆様へ  今の自分があるのは、過去から現在において出会ったすべての人のおかげだと思います。  その中の誰一人がかけても、今のこの幸せな自分は存在しませんでした。  だから、すべての人に感謝しています。  プロ野球選手はまわりの人々に夢と希望を与える職業だという人がいます。  でも、ボクは逆です。たくさんの人から夢や希望、エネルギーをもらってきました。  そのことがうれしかったんです。  6年前の入団発表のとき、 …… (引用元 Hatena Keyword)

「藤井将雄」と関連する人物(故人)