芸能人・経営者のおくやみ情報

すまけい 氏

俳優[日本]

2013年 12月7日 死去肝臓がん享年79歳

すま けい(本名:須磨 啓、1935年(昭和10年)9月4日 - 2013年(平成25年)12月7日)は、日本の俳優。
北海道国後島出身。
血液型A型。
所属事務所はJ.CLIP。
終戦の日の二日前に根室市に引き上げ、中標津町に高校までいた。
北海道中標津高等学校卒業後、富山大学に進学するも中退し役者を志して上京。
文化学院入学(のち中退)。
1961年(昭和36年) - 1963年(昭和38年)、芸術劇場に所属。
1966年(昭和41年)新宿のジャズ喫茶などを拠点にしつつ、太田豊治と「すまけいとその仲間」を結成。
「ゴドーを待ちながら」などの翻訳劇で伝説的な舞台をつくり好評を博した。
1972年(昭和47年)に解散。
その後は、演劇界から遠ざかっていたが、1985年(昭和60年)こまつ座の「日本人のへそ」で舞台に復帰。
映画『男はつらいよ』シリーズにも度々出演し存在感を発揮した。
1999年に膀胱癌、2001年に脳梗塞を患った。
2013年3月2日に千葉市民会館で行った朗読劇「天切り松 闇がたり」が最後の俳優活動となった。

日本の俳優。1935年9月4日、北海道国後島生まれ。本名・須磨啓。芸術劇場を経て、66年に「すまけいとその仲間」を結成。東京・新宿のジャズ喫茶などを拠点に前衛劇を上演し「アングラの帝王」と呼ばれた。72年に解散し、一時俳優業を引退したが、こまつ座「日本人のへそ」(井上ひさし脚本)への出演を説得され、85年に舞台復帰、こまつ座専属俳優となる。86年、映画「キネマの天地」で第11回報知映画賞助演男優賞、第29回ブルーリボン賞助演男優賞などを受賞し、87年、第10回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。92年、舞台「人間合格」で紀伊国屋演劇賞個人賞受賞。99年に膀胱癌を発症、2001年に脳梗塞で倒れたが、02年には舞台復帰をした。13年12月7日、転移性肝臓がんのため死去。享年78。 (2013-12-11) (引用元 コトバンク)