芸能人・経営者のおくやみ情報

江見俊太郎 氏

俳優[日本]

2003年 11月17日 死去肺がん享年80歳

江見 俊太郎(えみ しゅんたろう、1923年9月16日 - 2003年11月17日)は、東京都出身の俳優。
本名は黒川 輝郎(くろかわ てるお)。
旧芸名は江見渉。
妻は女優の松風はる美で、1976年から共同で「劇団ノア」を運営していた。
来歴・人物 東京府豊多摩郡中野町(現・東京都中野区中野)出身。
早稲田大学専門部政治経済科卒。
学徒出陣により海軍航空隊少尉で神風特攻隊出身。
1945年復員後、東宝に入社し『民衆の敵』でデビュー。
後に新東宝に移り、主に準主役で、色悪を主とした悪役としても活躍。
また1947年に初舞台『出家とその弟子』で唯円役を演じるなど、早くから演劇活動を行い、多くの名作舞台に出演している。
1960年の新東宝倒産後は、テレビ時代劇に多く出演、とりわけ『水戸黄門』では現代劇とは打って変わり、声が上ずって甲高いしゃべり方をするなどのコミカルな悪代官役を演じた(『水戸黄門外伝 かげろう忍法帖』を含むゲスト出演回数は同番組第9位の37回)。

「江見俊太郎」と関連する人物(故人)