芸能人・経営者のおくやみ情報

早坂茂三 氏

政治評論家[日本]

2004年 6月20日 死去肺がん享年73歳

早坂 茂三(はやさか しげぞう、1930年6月25日 - 2004年6月20日)は、日本の政治評論家。
北海道函館市恵比須町出身。
田中角栄の政務秘書を23年間務めた。
「日本列島改造論」の名付け親でもある。
秘書辞任後は、多くの著書を出版した。
来歴・人物 1943年東川小学校卒業、北海道庁立函館中学校、弘前高等学校を経て、1950年に早稲田大学政治経済学部新聞学科に入学する。
学生運動にのめりこみ、一時日本共産党にも入党した。
留年の後に、1955年に早稲田大学政治経済学部を卒業する。
東京タイムズ社に入社し、『東京タイムズ』の政治部記者として田中角栄と知り合った。
1962年に大蔵大臣に就いた田中の秘書官となり、内閣総理大臣在任中とその後の「ロッキード事件」による逮捕の時期を含め、田中が脳梗塞で倒れた1985年まで政策担当の秘書を務めた。
田中の病気治療方針などをめぐり、長女眞紀子と対立し罷免され、政治評論家に転身した。
田中角栄の政治的足跡や、出会った人々の生き方をテーマにした著書を多く出し、人生論を若者向け雑誌に連載し、全国各地で講演活動を行うなど幅広い活動をしていた。

早坂茂三  1930年(昭和5年)〜2004年(平成16年) 1930年:北海道に生まれる。 1955年:早大卒業,東京タイムズ入社. 1962年:政治部記者から当時蔵相の田中角栄氏の秘書に就任 1985年:政治評論家に転身 2004年:没 (引用元 Hatena Keyword)