芸能人・経営者のおくやみ情報

高木時夫 氏

プロ野球スカウト[日本]

2006年 1月23日 死去原発性肺がん享年68歳

高木 時夫(たかぎ ときお、 1937年4月21日 - 2006年1月23日)は、埼玉県出身のプロ野球選手(捕手)。
来歴・人物 浦和高校から日本大学へ進学し、東都大学リーグでは在学中3度の優勝を経験。
宮田征典投手とバッテリーを組み、1959年秋季リーグの優勝に貢献する。
リーグ通算31試合出場、73打数20安打、打率.274、0本塁打、6打点、ベストナイン1回受賞。
大学同期に会田豊彦三塁手、黒木基康、笹木士朗(日本鋼管)両外野手らがいた。
卒業後は富士鉄釜石(現在の新日鉄釜石)に入社。
1961年に常磐炭砿の補強選手として都市対抗に出場。
同年のシーズン途中で中日ドラゴンズに入団。
1964年には小川敏明とレギュラーを争い、83試合に出場。
その後も木俣達彦の控え捕手として活躍。
1974年に引退後は中日のコーチ、スカウトを務めた。
当時は無名だった山本昌をスカウトしたことで知られる。
1992年に阪神タイガースに移籍しスカウトを務めた他、星野仙一が監督時には球団広報を務めていた。
2003年限りで阪神タイガースを退団。
2006年1月23日、原発性肺癌のため名古屋市内の病院で死去。

プロ野球選手・コーチ・スカウト。 通称「時さん」。 右投右打、ポジションは捕手。背番号は6→51→68番。 1937年4月21日生まれ、埼玉県出身。 浦和高校から日大を経て、富士鉄釜石*1に入社し活躍。 1961年、中日ドラゴンズに入団。 控えの捕手として一軍に定着。 1960年代前半のドラゴンズの正捕手として活躍。1964年には94試合に出場した。 1967年、木俣達彦の成長により、控え捕手に回る。 1970年、二軍コーチ兼任となる。1972年、一軍コーチを兼任。 1974年、現役引退。 引退後はコーチを務め、1981年、スカウトに転身。 1984年には、山本昌広を入団に導いた。敏腕スカウトとして手腕を発揮。 1992年、阪神タイガースのスカウトに就任。 安藤優也、上坂太一郎らを入団させた。 2002年、阪神タイガース広報部、監督専任広報に転身。 2003年、退団。 2006年1月23日、原発性肺がんのため名古屋市瑞穂区の病院で死去。 *1:現在の新日鉄釜石。 (引用元 Hatena Keyword)

「高木時夫」と関連する人物(故人)