芸能人・経営者のおくやみ情報

堺屋太一 氏(さかいやたいち)

作家評論家[日本]

(元経済企画庁長官)

2019年 2月8日 死去多臓器不全享年85歳

堺屋太一 - ウィキペディアより引用

堺屋 太一(さかいや たいち、1935年7月13日 - )は、日本の作家・評論家・元通産官僚・経済企画庁長官(第55〜57代)・元内閣特別顧問。
株式会社堺屋太一事務所および株式会社堺屋太一研究所の代表取締役社長。
内閣官房参与。
様々な博覧会のプロデューサーとしても活動している。
本名は池口 小太郎(いけぐち こたろう)であり、ペンネームの由来は、先祖の商人が安土桃山時代に堺から谷町に移住した際の名前である「堺屋太一」から採ったものである(堺屋は屋号にあたる)。
生い立ち 大阪市生まれ。
本籍地は奈良県。
父は弁護士。
追手門学院小学校(小学校59期)卒業、大阪府立住吉高等学校入学、高校在学中はボクシング部に所属し、モスキート級の大阪チャンピオンになった。
奈良県下の実家から大阪の高校へ長い通学時間をかけて通学した。
毎日弁当を作る母に配慮して、ある時から炊いた白米のみを持たせてもらい、毎日学食でそれにカレールーをかけてもらいカレーライスを食べていた。

本名は池口小太郎。作家、著書多数。ペンネームは13代前の先祖である浪速の両替商から。 1935年生まれ。東大経済学部卒業(1960年)、通産省入省。日本万国博覧会、沖縄海洋博担当。サンシャイン計画推進。通商白書の「水平分業論」で注目を浴びる。在職中執筆の小説「油断!」がベストセラー入り。1978年退官、執筆、評論活動。小渕。森内閣で経済企画庁長官を務める。のち内閣特別顧問。「インパク」を開催。2005年予定の愛知万博最高顧問を勤めた。 発言集 http://www.ceres.dti.ne.jp/~hojo/ (引用元 Hatena Keyword)