芸能人・経営者のおくやみ情報

潮田益子 氏(うしおだますこ)

バイオリン奏者[日本]

2013年 5月28日 死去白血病享年72歳

潮田 益子(うしおだ ますこ、1942年4月4日 - 2013年5月29日)は、満洲国奉天市(中国瀋陽市)出身のヴァイオリニスト。
ボストンのニューイングランド音楽院教授を務め、ソリストとしても国際的に活躍した。
桐朋学園子供のための音楽教室に入室し、13歳で東京交響楽団と共演してデビュー。
15歳で日本音楽コンクールヴァイオリンの部第1位及び特賞受賞。
これが初めての受賞となる。
雙葉学園中等部を経て、桐朋学園高校では、小野アンナ、斎藤秀雄らに師事。
1961年の卒業後ソ連政府に招待され、レニングラード音楽院に3年間留学し、留学中の1963年には、エリザベート王妃国際音楽コンクール第5位入賞を果たした。
1964年よりスイスのモントルーにて、ヨーゼフ・シゲティに師事。
「生涯わずかしか遭遇できない逸材」と激賞を受ける。
1965年に欧米にてデビュー。
1966年に出場した第3回チャイコフスキー国際コンクールにおいて第2位入賞。
それ以後、小澤征爾やズービン・メータなどの名指揮者のもと、ロンドン交響楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ボストン交響楽団など世界の一流オーケストラと共演。

うしおだ-ますこ 1942-2013昭和後期-平成時代のバイオリニスト。昭和17年4月4日満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)生まれ。桐朋学園子供のための音楽教室をへて桐朋学園女子高に学び,小野アンナ,斎藤秀雄らに師事。卒業後ソ連などに留学。ワイマンやシゲティに師事。昭和38年エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞,41年チャイコフスキー国際コンクール2位。国際的なソリストとして活動。ボストンのニューイングランド音楽院教授として後進の指導にもあたり,サイトウ・キネン・オーケストラなどの中心メンバーとしても活躍した。平成25年5月28日死去。71歳。レニングラード音楽院卒。 (引用元 コトバンク)

「潮田益子」と関連する人物(故人)