芸能人・経営者のおくやみ情報

戸塚睦夫 氏

喜劇役者、お笑い芸人[日本]

1973年 5月12日 死去胃がん享年42歳

戸塚 睦夫 (とつか むつお、1931年(昭和6年)4月20日 - 1973年(昭和48年)5月12日 )は、日本の喜劇役者。
東京都出身。
愛称は「ムッちゃん」。
父は剣劇俳優として活躍した藤岡肇。
来歴・人物 東京市立芝商業學校を卒業後時計メーカーに勤務したのち梅沢昇一座、浅香光代劇団、不二洋子劇団を経て、浅草のロック座、池袋のフランス座などのストリップ小屋のコメディアンに転向して辛酸を嘗めていた戸塚は、昭和20年代、浅草の花月劇場に剣劇役者として参加していた際に、同じ浅草の奥山劇場で剣劇役者をしていた三波伸介に出会い、交流を深める。
1955年移籍し、新宿フランス座の専属となっていた三波と同劇場でも同じ舞台に立つ。
1958年6月新宿フランス座のコメディアン石井均の独立に戸塚も同行し、フランス座隣の松竹文化劇場で「笑う仲間」として旗揚げしたが諸事情から「石井均一座」に再編、ここで伊東四朗、財津一郎らと知り合う。

の言及 【軽演劇】より …たとえば,一時期の浅草フランス座には,戦前からのベテランの佐山俊二のほか,渥美清(1928‐96),関敬六,谷幹一,南利明,八波むと志,作家の井上ひさし(1934‐)といった,若い才能が集まっていた。また由利徹は〈ムーラン・ルージュ〉解散後は新宿セントラルなどに出演していたし,三波伸介(1930‐82),戸塚睦夫は新宿フランス座の出身である。由利・八波・南の〈脱線トリオ〉,三波・戸塚・伊東四朗の〈てんぷくトリオ〉などは〈トリオ漫才〉と呼ばれたが,実態はむしろコントで,幕前で行われる寸劇といったおもむきがあった。… ※「戸塚睦夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 (引用元 コトバンク)

「戸塚睦夫」と関連する人物(故人)