芸能人・経営者のおくやみ情報

宜保愛子 氏(ぎぼあいこ)

霊能力者[日本]

2003年 5月6日 死去スキルス性胃がん享年71歳

宜保 愛子(ぎぼ あいこ、1932年1月5日 - 2003年5月6日)は日本の霊能者。
神奈川県横浜市生まれ。
1980年代にテレビで稀代の霊能者として取り上げられたことで一躍注目を浴びた。
著書も多数出版されベストセラーも多数存在した。
霊視能力があるとして多数の信望者を生み人気を集めた一方、その能力についての真贋論争も話題となった。
4歳のとき、左目に火箸が落ち失明寸前となる。
本人によれば、6歳頃に、自分の中の霊能力を自覚したという。
宜保は相談者の守護霊の声が聞こえ、姿が見えるという。
そして、相談者の亡くなった肉親の霊と話すことによりその肉親について他人が知り得ないことがらや、相談者の家の構造や家具の配置などを言い当てたとされる。
右耳は聴力を失っているが、その右耳で霊の言葉を聞くことができた。
幼少時、懐疑主義者の父からはその特異体質を非難されたという。
1961年のテレビ出演を期に、人気が高まり、多くの講演会を行なうようになる。
1970年代中頃から、心霊研究家の放送作家新倉イワオと共に、日本テレビの『あなたの知らない世界』に出演、また女性週刊誌『女性自身』の有名人との対談連載などによって1980年代後半に話題となった。

霊能者。 一時期テレビにもたくさん出演し、著書多数。 特に心霊写真集では有名。 意外と英語が堪能。 「第三次世界大戦は、日本では起こりません。1999年も日本は大丈夫です。」と予言していた。大当たり。 2003年5月6日、胃ガンのため死去。71歳。 (引用元 Hatena Keyword)

「宜保愛子」と関連する人物(故人)