芸能人・経営者のおくやみ情報

常盤新平 氏

作家[日本]

2013年 1月22日 死去肺炎享年82歳

常盤 新平(ときわ しんぺい、1931年〈昭和6年〉3月1日 - 2013年〈平成25年〉1月22日)は、日本の作家、翻訳家であり、アメリカ文化研究者である。
別名に、大原寿人(おおはらとしひと)。
岩手県水沢市(現・奥州市)生まれ。
早稲田大学大学院修了。
作家、翻訳家のほか、マフィア研究家でもある。
作家、山口瞳を師とあおぎ、山口の著作からセレクトした本を刊行している。
また、競馬好きとしても知られ、競馬についてのアンソロジーを編んでいる。
さらに、将棋好きでもあり、将棋を愛する作家、ジャーナリスト、観戦記者たちの団体「将棋ペンクラブ」が与える賞、「将棋ペンクラブ大賞」の選考委員を1996年から2005年までつとめた。
生い立ち 母親は福島県の出身。
税務署員だった父親の転勤に伴って生後半年で水沢を離れ、山形県長井町、宮城県石巻市と転居した。
小学校時代に仙台市に落ち着き、高校卒業までを同地で過ごした。
宮城県仙台第二高等学校を経て、早稲田大学文学部英文科卒。
同大学院修了。
編集者として 早川書房に入社。

作家、翻訳家、アメリカ文化研究者。岩手県・奥州市出身で、1931年3月1日生まれ。早稲田大学卒業。早川書房に入社し、ミステリー小説誌「ハヤカワ・ミステリマガジン」の編集長を務めた。69年、同社を退社し、文筆生活に入り、自伝的小説『遠いアメリカ』で、87年に第96回直木賞を受賞した。主な翻訳書にウォーターゲート事件を調べた記者のドキュメント『大統領の陰謀』、米現代文学のアーウィン・ショー『夏服を着た女たち』などがある一方で、アメリカの都市文化を紹介するエッセーでも知られた。2013年1月22日肺炎のため逝去。 (2013-1-24) (引用元 コトバンク)