芸能人・経営者のおくやみ情報

小田実 氏

作家[日本]

2007年 7月30日 死去胃がん享年75歳

小田実 - ウィキペディアより引用

小田 実(おだ まこと、男性、1932年(昭和7年)6月2日 - 2007年(平成19年)7月30日)は、日本の作家・政治運動家。
体験記『何でも見てやろう』で一躍有名になった。
日本に多い私小説を批判し、全体小説を目指した。
九条の会の呼びかけ人の一人。
妻は画家の玄順恵。
生涯 大阪府大阪市出身。
旧制天王寺中学(のち大阪府立天王寺高等学校)に入学するが、学制改革により新制大阪府立夕陽丘高等学校に進学し、東京大学文学部言語学科を卒業する。
大学卒業後は代々木ゼミナールで英語科講師。
1959年、米フルブライト基金により渡米。
その後、一枚の帰国用航空券と持参金200ドルで世界一周旅行に出かけ、一泊1ドルのユースホステルなどに宿泊しながら、世界のあらゆる人たちと語りあった。
現在のバックパッカーの走りともいえ、その体験記『何でも見てやろう』はベストセラーとなり、小田実の名前も一躍有名になった。
一枚の航空券をもって世界を駆け巡る習慣はその後も続き、小田実の作家活動・思想形成の基本的スタイルとなった。

作家、平和運動家。旧ベ平連(ベトナムに平和を! 市民連合)元代表。 1932年6月2日、大阪市に生まれる。 2007年7月30日、都内の病院で死去。 (引用元 Hatena Keyword)