芸能人・経営者のおくやみ情報

アレックス・モールトン 氏

自転車技術者[イギリス]

2012年 12月9日 死去享年93歳

アレックス・モールトン - ウィキペディアより引用

アレックス・モールトンは、 イギリスの技術者、アレックス・モールトン(Alexander Eric Moulton CBE 、1920年4月9日 - 2012年12月9日) 1が1962年に立ち上げた小径自転車メーカー、アレックス・モールトン・バイシクルズ、およびそのブランドである。
技術者としてのモールトンの出発点となったのは、曾祖父スティーヴン・モールトンが興したゴム製品の製造会社がジョージ・スペンサーと合併してできた「ジョージ・スペンサー・モールトン・アンド・カンパニー」である。
1950年にジョージ・スペンサー・モールトン・アンド・カンパニーをエイヴォン・タイヤに売却した後、新たにモールトン・デヴェロップメンツを興して友人のアレック・イシゴニス設計によるBMC(British Motor Corporation)の歴史的名車ミニのサスペンション開発を行った。

代表的な英国車である「オースチン/モーリス・ミニ」のサスペンションシステムの開発者として有名なアレックス・モールトン博士が開発した小径スポーツ自転車.中でも AMシリーズは,年間わずか数百台体制で,英国ブラッドフォードの自身の居城(モールトン城)内に構えたプライベートファクトリーにて,入念に手造リされている. 独特のトラス構造フレームに「モールトン・サスペンション」と呼ばれるサスペンションシステムを搭載し,小径車ながら高機動力を実現したまさに名車というべき自転車である. (引用元 Hatena Keyword)

「アレックス・モールトン」と関連する人物(故人)