芸能人・経営者のおくやみ情報

島野育夫 氏

プロ野球選手、コーチ[日本]

2007年 12月15日 死去胃がん享年63歳

島野 育夫(しまの いくお、1944年3月30日 - 2007年12月15日)は、栃木県宇都宮市出身のプロ野球選手(外野手)、コーチ、監督、野球解説者。
長男は元競輪選手の島野敦識(日本競輪学校第74期生、2013年引退)。
コーチ時代は相手の癖を盗む特技を生かし、球界屈指の名参謀と言われていた。
三宅博も著書の中でセンスを持ったクセ盗みの名人と記している。
特に星野仙一との監督・コーチコンビでは中日ドラゴンズ・阪神タイガースで優勝を経験しており、低迷期の長かった阪神にあっては島野が在籍していた時期は最下位になったことは一度もなかった。
作新学院では1961年に1学年下の八木沢荘六、高山忠克らとともに第33回選抜高等学校野球大会に出場。
作新学院は春の選抜初出場であった。
2回戦で高松商に敗退。
卒業後は社会人野球の明電舎に進む。
1962年の都市対抗東京都予選準決勝に進むが、船田和英のいた北洋水産に敗れる。
1963年に中日ドラゴンズへ入団、俊足好打の外野手として期待される。
1965年には一軍に定着するが、当時の中日は江藤慎一、中暁生、葛城隆雄ら外野手の層が厚く、準レギュラーにとどまる。

プロ野球選手・指導者。 右投右打、ポジションは外野手。背番号は8番。 1944年3月30日生まれ。栃木県出身。 作新学院高校から1963年、中日ドラゴンズに入団。 3年目の1965年、一軍に定着。中利夫、江藤慎一と共に外野の一角をなし、俊足、強肩の外野手として活躍。 1968年、江本孟紀らとの2対4の交換トレードで、江夏豊らと共に南海ホークスに移籍。 1973年、61盗塁を記録。 1976年、阪神タイガースに移籍。 1980年、現役引退。 1981年、阪神タイガースの守備走塁コーチに就任。 同年8月、判定に不服として、柴田猛?と共に審判に暴行、無期限出場停止の処分を受ける。シーズン終了後、解除。 1986年、ドラゴンズのコーチに就任。星野仙一と共にセ・リーグ優勝に貢献。 1992年、タイガースの作戦外野守備走塁コーチ兼作戦コーチに就任。古巣復帰。 1995年、ヘッドコーチとしてドラゴンズに復帰。徳武定祐代理監督の休養後、代理監督を務めた。 2003年、星野監督に招聘され、タイガースのヘッドコーチに就任。星野の右腕として、ドラゴンズ、タイガースを通じて3度の優勝に貢献した。 2004年はチームディレクター兼管理部長としてフロント入り。 2005年、作戦コーチとして現場復帰。名参謀の役割を果たす。 2006年、二軍監督に就任。 同年6月、病気のため療養。立石充男が二軍監督代行となる。 2007年12月15日、胃がんのため西宮市内の病院で逝去。 (引用元 Hatena Keyword)

「島野育夫」と関連する人物(故人)