芸能人・経営者のおくやみ情報

斉藤達雄 氏

東北大学名誉教授・臨床腫瘍学[日本]

2012年 11月4日 死去老衰享年98歳

『斎藤達雄』より : 斎藤 達雄(さいとう たつお、1902年6月10日 - 1968年3月2日)は、日本の俳優、映画監督。
松竹蒲田撮影所に入り、独特の存在感を持つ飄々とした演技で、脇役や短篇喜劇映画の主役として多くの作品に出演した。
初期の小津安二郎監督作品に欠かせない俳優でもあり、『肉体美』『会社員生活』『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』などの小津作品に主演した。
戦後も貴重な脇役として活躍し、監督作も発表している。
来歴・人物 1902年(明治35年)6月10日、東京府東京市深川区佐賀町(現在の東京都江東区佐賀)に生まれる。
父は米の仲売人で日本橋区に店を構えていた。
父は芝居道楽で、家業そっちのけに一座の勧進元になって巡業に出たりして財産を蕩尽し、5歳の時に佐賀町の家をたたんで神田明神近くへ引越しする始末だった。
引っ越した家の隣には後にカメラマンとなる長井信一が住んでおり、幼い頃に幻灯機を作ってもらったという。
地元の小学校を卒業後、京華中学校(現在の京華中学高等学校)に入学。
父が浅草のルナパークの株主だった関係で映画館には無料入場できたことから映画ファンとなる。

斉藤 達雄氏(さいとう・たつお=東北大名誉教授・臨床腫瘍学)4日午前1時35分、老衰のため福岡市内の老人ホームで死去、97歳。自宅は福岡市城南区七隈1の7の11の304。葬儀は7日午前11時から同市中央区古小烏町70の1の積善社福岡斎場で。喪主は長男喬雄(たかお)氏。