芸能人・経営者のおくやみ情報

山口シヅエ 氏

政治家、元衆議院議員[日本]

2012年 4月3日 死去腎不全享年95歳

山口シヅエ - ウィキペディアより引用

山口 シヅエ(やまぐち しづえ、1917年10月31日 - 2012年4月3日)は、日本の政治家。
元日本社会党及び自由民主党衆議院議員(当選13回)。
明るく華やぎのある雰囲気から下町の太陽と呼ばれた。
本名静江。
来歴・人物 東京都中央区日本橋小伝馬町に、「山口自転車」を経営していた山口重彦(後に参議院議員)の長女として生まれる。
1935年、東京府立第7高等女学校(現・東京都立小松川高等学校)を卒業後、家業に従事。
従業員への食事を手配する「炊事部長」を務めていた。
弟を戦争で亡くしたことで、「戦争反対を訴えたい」と国政選挙立候補を決意。
賀川豊彦の後押しも得て、1946年の第22回衆議院議員総選挙に日本社会党から出馬し当選。
日本初の女性代議士の一人となる。
売春防止法制定に尽力するなどしたが、1967年の第31回総選挙で党内派閥抗争のもつれから選挙違反を告発される。
結局不起訴となったが、党に不信感を抱き同年5月に社会党を離党。
無所属を経て、同年9月に自由民主党に入党して話題を呼んだ。
1970年代後半には全日本女子格闘技連盟初代コミッショナーとして女子キックボクシング及びボクシングのタイトルを認定。

1917年10月31日〜2012年4月3日 日本の女性政治家。本名は山口静江。東京出身。 日本初の女性衆院議員で明るく華やぎのある雰囲気から下町の太陽と呼ばれた。1946年の衆院選に日本社会党から立候補し、初当選。1967年に党内派閥抗争による不信感を持ったために社会党を離党し、自由民主党に移籍して話題を呼んだ。 (引用元 Hatena Keyword)

「山口シヅエ」と関連する人物(故人)