芸能人・経営者のおくやみ情報

ノロドム・シアヌーク 氏Norodom Sihanouk

カンボジア前国王[カンボジア]

2012年 10月15日 死去老衰享年91歳

ノロドム・シアヌーク - ウィキペディアより引用

『ノロドム・シハヌーク』より : ノロドム・シハヌーク(ភាសាខ្មែរ: នរោត្ដម សីហនុ, ラテン文字転写: Norodom Sihanouk、1922年10月31日 - 2012年10月15日)は、カンボジア国王(在位:1941年4月25日 - 1955年3月2日、1993年9月24日 - 2004年10月7日)、政治家。
「シアヌーク」という表記は "h" の音を発音しないフランス語式の読み方で、原音に一番近い読み方は「ノロードム・シーハヌ」である。
生涯 即位 カンボジア王族ノロドム・スラマリットとシソワット・コサマック妃の息子として、当時フランス領インドシナの一部であったカンボジアのプノンペンで生まれ、同じくフランス領インドシナの一部であったベトナムのサイゴン(現ホーチミン市)に留学中の1941年、祖父のシソワット・モニヴォン国王(コサマック妃の父)の崩御に伴い、請われて帰国し、18歳で即位した。

カンボジアの前国王。1922年、プノンペン生まれ。祖父のシソワット・モニヴォン国王崩御に伴い、18歳で即位。フランスからの独立運動、内戦、和平まで激動の時代のカンボジアをリードし、「独立の国父」と呼ばれた。41年、モニボン国王の死去に伴い、国王に即位し、53年のフランスからの独立後、父に王位を譲り、総選挙を経て首相に就任し、60年に国家元首となったが、その後、クーデターによる亡命やポル・ポト政権下での王宮への幽閉状態などを経験した。内戦終結により帰国した93年に国王に再即位。04年に退位したが、その影響力は残された。東南アジア現代史の主役の一人とされている。 (2012-10-16) (引用元 コトバンク)

「ノロドム・シアヌーク」と関連する人物(故人)