芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤芳郎 氏(かとうよしろう)

漫画[日本]

2006年 1月6日 死去呼吸不全享年82歳

加藤 芳郎(かとう よしろう、1925年6月25日 - 2006年1月6日)は、日本の漫画家、タレント、司会者。
来歴・人物 東京都新宿区生まれ。
父親は岩手県奥州市水沢区、母親は埼玉県の出身。
病院で働きながら東京都立新宿高等学校定時制を卒業後、都職員(公園緑地課)として働きながら1947年より漫画を書き始めた。
「オンボロ人生」「千匹の忍者」「オレはオバケだぞ」など庶民的なユーモアとナンセンスにあふれた作風で人気となる。
特に1954年から毎日新聞夕刊で連載された「まっぴら君」などの作品で知られ、2001年6月23日掲載を最後に病気で中断するまで連載47年間、13615回に達し、全国紙では空前の連載記録を樹立。
漫画界では横山泰三、荻原賢次と共に戦後派三天才と呼ばれた。
またタレントとして「テレビ三面記事 ウィークエンダー」(日本テレビ)の司会、「テレフォン人生相談」(ニッポン放送)パーソナリティー、「連想ゲーム」(NHK総合テレビ)の白組·男性軍のキャプテンも務めた。

かとうよしろう [生]1925.6.25.東京,代々幡[没]2006.1.6.東京,新宿まんが家。14歳でまんが家を志して東京府立第六中学校夜間部在学中から各誌に投稿を続け,1941年近藤日出造編集の月刊誌『漫画』に投稿し1等となる。太平洋戦争時は川端画学校に学ぶが中国に出征,戦後は東京都公園緑地課に勤めながらまんがを描き,1947年に独立。1951年『あほだら兄弟』を講談社『キング』に描くが,1954年『サンデー毎日』にホームレスの生活を描く『オンボロ人生』,『毎日新聞』夕刊に日々の政治・文化・風俗状況を描く世相諷刺の四コマ『まっぴら君』を連載,一躍人気を得る。特に,『まっぴら君』は2001年の終了まで1万3615回という全国紙連載まんがの最長記録を達成。ほかに『オレはオバケだぞ』(1959)や『モテモテおじさん』(1963)など,意表をつく視点と描線による人間味豊かな爆笑まんがが多い。1981~92年日本漫画家協会理事長を務めた。1957年文藝春秋漫画賞,1986年紫綬褒章,1988年菊池寛賞,1996年勲四等旭日小綬章を受けた。(→まんが) (引用元 コトバンク)