芸能人・経営者のおくやみ情報

宗湛

[日本]

(文明13年3月9日没)

(ユリウス暦) 1481年 4月16日 死去享年歳

宗湛(そうたん、応永20年(1413年) - 文明13年3月9日(1481年4月16日))は、室町時代中期の画僧。
宗丹とも書く。
字は小二郎(または小三郎)。
自牧と号した。
小栗満重の子。
生涯 武将・小栗助重として 鎌倉府(鎌倉公方)の管轄国内の武士でありながら室町幕府の征夷大将軍と直接主従関係を結ぶ京都扶持衆の一つである常陸小栗氏の出身であり、初めは小栗 助重(おぐり すけしげ)という名(俗名)の武将であった。
この頃の常陸小栗氏は、応永30年(1423年)に小栗満重が鎌倉公方・足利持氏に対し反乱(小栗満重の乱)を起こして没落していた。
その持氏が永享の乱を起こして自害すると、結城氏朝がその遺児(足利春王丸・足利安王丸)を擁して挙兵するが(結城合戦)、満重の子または弟(前者が有力)である助重がこの戦いで武功を立てたことにより、旧領への復帰を許され、家督を継承。

そうたん [生]応永20(1413)[没]文明13(1481).3.9.室町時代の画家。姓は小栗。庵号は自牧。周文を継いで室町幕府の御用絵師となった(1463頃)。画域は扇面,掛幅から襖絵まで幅広く,また有馬温泉逗留中に風景を写生したことも知られる。確かな遺品は伝わらないが,子の宗継が制作した大徳寺養徳院伝来の『芦雁図』襖絵(京都国立博物館)には,宗湛の描いた部分も残る可能性がある。 (引用元 コトバンク)

「宗湛」と関連する人物(故人)