芸能人・経営者のおくやみ情報

鈴切康雄 氏

政治家、元公明党衆議院議員[日本]

2012年 9月21日 死去肺炎享年87歳

鈴切 康雄(すずきり やすお、1926年6月28日 - 2012年9月21日)は、日本の政治家。
愛知県出身。
神戸高等商船学校(現・神戸大学)専科中退。
元衆議院議員(8期)。
1945年、神戸高等商船学校専科(現・神戸大学)専科を中退する。
材木店を経営する。
1963年、大田区議会議員選挙に立候補し、当選する。
1967年1月29日、第31回衆議院議員総選挙に、東京2区から公明党公認候補として立候補し、初当選する(以降、連続8期)。
1985年、公明党中央統制副委員長に就任する。
1986年12月、公明党大会において、公明党中央統制委員長に就任する。
1989年5月、明電工事件の疑惑による矢野絢也の公明党委員長退任にともない、公明党中央統制委員長を退任する。
1990年2月、第39回衆議院議員総選挙に立候補せず、選挙地盤を公明党の遠藤乙彦に譲り、元公明党委員長の竹入義勝と共に政界を引退する。
2012年9月21日、肺炎のため横浜市内の病院で死去。
86歳没。
役職歴 公明党中央統制副委員長 公明党中央統制委員長 脚注 ==。

鈴切 康雄氏(すずきり・やすお=元公明党衆院議員)21日午後2時31分、肺炎のため横浜市の病院で死去、86歳。名古屋市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻文江(ふみえ)さん。 67年衆院選に旧東京2区から出馬し、初当選。当選8回。党中央統制委員長や衆院行政改革特別委員長などを歴任した。

「鈴切康雄」と関連する人物(故人)