芸能人・経営者のおくやみ情報

江森月居

俳人[日本]

(文政7年9月15日没)

1824年 11月5日 死去享年69歳

江戸中・後期の俳人。京都生。名は師心、号は竹巣・些居・住地庵・桂川等。国学は荒木田久老・村田春門に学び、俳諧は与謝蕪村門の高弟で高井几董と共に蕪村門の双璧と称された。寛政二年(1790)二条家雪月花の会に加藤暁台・井上士朗と共に銅駝御殿に召され、百韻の連句を興行した一人。東の道彦・中京の士朗と共に時の三大家と称された。著書に『夜あかし』がある。文政7年(1824)歿、69才。 (引用元 コトバンク)

「江森月居」と関連する人物(故人)