芸能人・経営者のおくやみ情報

松下忠洋 氏

政治家、金融・郵政民営化担当相[日本]

2012年 9月10日 死去自殺享年74歳

松下忠洋 - ウィキペディアより引用

松下 忠洋(まつした ただひろ、1939年(昭和14年)2月9日 - 2012年(平成24年)9月10日)は、日本の建設官僚、政治家。
建設省河川局砂防部部長、衆議院議員(5期)、衆議院内閣委員長、内閣府特命担当大臣(金融担当)、国民新党副代表・鹿児島県支部代表などを歴任。
生い立ち 鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)出身。
高城村立高来小学校(現・薩摩川内市立高来小学校)、川内市立川内北中学校(現・薩摩川内市立川内北中学校)、鹿児島県立川内高等学校を経て、京都大学農学部を卒業した。
官界にて 1962年(昭和37年)、建設省に入省した。
1970年(昭和45年)より、外務省に出向し、経済協力局にて勤務することとなった。
また、1973年(昭和48年)には、インドネシアの公共事業省にて勤務した。
1992年(平成4年)、建設省を退官した。
自民党時代 1993年(平成5年)7月の第40回衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬し、旧鹿児島2区にて初当選。

国民新党(副代表)の衆議院議員。1939年2月9日、鹿児島県生まれ。62年に京都大学を卒業後、建設省に入省。93年、衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬し、鹿児島2区で初当選。以後、4期連続で当選したが、2005年の総選挙では郵政関連法案に反対したため自民党の公認を得られず、無所属で出馬し落選。政界引退を表明するも、07年に復帰して国民新党に入党。09年の衆院選に同党の公認で鹿児島3区より出馬し、5期目の当選を果たす。その後、経済産業副大臣、復興副大臣兼内閣府副大臣を経て、12年6月より野田第2次改造内閣で内閣府特命担当大臣(金融)・国務大臣郵政民営化担当を務めていたが、同年9月10日、自宅で首をつった状態で見つかり、病院で死亡が確認された。享年73。 (2012-09-11) (引用元 コトバンク)

「松下忠洋」と関連する人物(故人)