芸能人・経営者のおくやみ情報

大槻玄沢(おおつきげんたく)

蘭学者[日本]

(諱・茂質、号・磐水、文政10年3月30日没)

1827年 4月25日 死去享年71歳

大槻玄沢 - ウィキペディアより引用

大槻 玄沢(おおつき げんたく、宝暦7年9月28日(1757年11月9日)- 文政10年3月30日(1827年4月25日))は、一関藩出身の江戸時代後期の蘭学者。
諱は茂質(しげかた)、字は子煥(しかん)。
出身地の磐井から磐水(ばんすい)と号す。
『解体新書』の翻訳で有名な杉田玄白・前野良沢の弟子。
「玄沢」とは、師である2人から一文字ずつもらってつけた通り名である。
生涯 一関藩の医師でのちに藩医となった大槻玄梁の長子として陸奥国西磐井郡中里に生まれる。
玄沢9歳の時、オランダ流外科の開業医であった父が藩医となり、翌年一関に転居する。
13歳の時、同じ郷里の医師建部清庵に師事し、早くから医学・語学に才能を示した。
安永7年(1778年)、22歳の時、に江戸への遊学を許されて、清庵と手紙のやり取りをしていた杉田玄白の私塾・天真楼に学び、医術を修めるかたわら、前野良沢にオランダ語を学んだ。
安永9年(1780年)には、良沢のもとを訪れた仙台藩江戸詰の藩医工藤平助と知り合った。
玄沢の遊学期間が終わりに近づいていることを師の良沢が惜しんでいることを知った工藤平助は、藩主田村村隆に遊学延長を願い、その結果期間が天明4年(1784年)まで2年延長され、玄沢の学問は大いに進展したといわれている。

おおつきげんたく [生]宝暦7(1757).9.28.陸中,中里[没]文政10(1827).3.30.江戸江戸時代後期の蘭方医,蘭学者。江戸蘭学の興隆を導いた功労者の一人。名は茂質,字は子煥,磐水はその号。初め一ノ関藩医建部清庵に学び,清庵と杉田玄白の間に交友関係が生れたことから,安永7(1778)年,22歳のとき江戸に出て玄白,前野良沢について蘭学を学び,両師の名前を1字ずつもらって玄沢と通称した。天明4(84)年長崎に学び,翌々年江戸に帰り仙台藩医員江戸詰となり,同時に家塾芝蘭堂を開く。文化8(1810)年,幕府天文台蕃書和解御用局員となる。著書は数多く三百余巻に達する。『蘭学階梯』『重訂解体新書』『環海異聞』『瘍医新書』『六物新志』など。 (引用元 コトバンク)

「大槻玄沢」と関連する人物(故人)